新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー ウインド【新型車】 / navi

クルマニュース

ルノー ウインド【新型車】 / navi

(2011/07/08)

トゥインゴをベースにしたスタイリッシュなクーペ&ロードスター

  • ルノー ウインド クローズド状態|ニューモデル速報
  • ルノー ウインド オープン状態|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のブルーマジョレルメタリックを含む全4色。左がクローズド、右がオープンの状態
ルノーウインドは、同社の5ナンバーサイズコンパクトカーのトゥインゴをベースとした、クーペとロードスター(オープン)の2つのスタイルが楽しめるオープンカー。わずか12秒で開閉する電動回転格納式ハードトップが採用されたことで、ルーフを閉じれば快適な室内空間をもつクーペとして、開ければオープンエアを感じることのできるロードスターとして、ドライブを楽しむことができる。

コンセプトは「オープン&プレイ」。オープンは12秒で開閉するハードトップを「開ける」という機能を表現しているだけでなく、「自由になる」という精神的な意味も含んでいる。プレイは「楽しむ」、オープンエアを満喫しながら気持ちまで自由に、その自由を心ゆくまで楽しむことを意味している。

エクステリアはトランクリッド一体型の特徴的なウイングや、ブーメラン形のリアコンビネーションランプ、ボディ一体型ロールオーバーバーなど、ダイナミックかつたくましさを感じさせるデザインが採用された。ヘッドレストから続くかのように伸びるリアエアロフィンは、インテリアからのデザインの連続性を表すロードスターならではのデザインだ。

オープン&プレイを演出する電動回転格納式のハードトップは、シンプルな機構で開閉する。トランクリッド部に格納される構造のため、ハードトップを開ける際にトランク内の荷物を気にする必要がないことも、他社クーペカブリオレモデルとの差別点といえる。

インテリアは専用スポーツシート、3連メーター、アルミ製ペダルなど、スポーティなパーツによるコックピット感覚のデザインが与えられている。

エンジンはトゥインゴゴルディーニルノー・スポールにも搭載される1.6Lのツインカムターボで、これに5速MTが組み合わされる。ルノーのスポーツモデルやレースカーを開発、製造するルノー・スポールが開発を担当することで、足回りやブレーキシステム、ステアリングフィールなどスポーティなキャラクターが演出された。

モノグレード展開で価格は255万円。デビューを記念して、ブラックメタル調ハードトップやクロムドアミラー、シートヒーター付きブラックレザーシートなどが装備される限定車のコレクションもラインナップされる。こちらの価格は268万円で30台限定となっている。
グレードウインド
駆動方式FF
トランスミッション5MT
全長×全幅×全高(mm)3835×1690×1380
ホイールベース(mm)2365
車両重量(kg)1190
乗車定員(人)2
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]98(134)/6750
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]160(16.3)/4400
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/40
車両本体価格(万円)255.0
■発表日:平成23年7月6日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027