新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW M5【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW M5【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/07/26)

日常におけるオールラウンドな機能性はそのままに
比類なき個性を発揮するスポーツセダン

BMW M5|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のモンテカルロ・ブルーを含む全16色
コンセプト
プレミアム感、ラグジュアリー性能に加え
ドライビングダイナミクスを追求
BMW M社が手がけるハイパフォーマンスなモデルがMシリーズにあたる。今回登場したM5は、プレミアムセグメントにおける高性能セダンとして、1984年に初代モデルが誕生してから5世代目となる。初代のコンセプトを受け継ぎながら、サーキットにおける最高の運動性能とプレミアムセグメントにおけるラグジュアリースポーツセダンとしての要素が備えられた。

ドライビングダイナミクスにおいては、数々の最新テクノロジーが採用されたことで、新しい次元の走りが実現されている。
内外装
ダイナミックなエクステリア
高級感を高めたインテリア
エクステリアはノーマルの5シリーズをベースに、BMW M社によるMエアロダイナミクス(フロントエプロン、リアスカート、サイドスカート、ワイドホイールアーチ、フロントサイドパネル、リアスポイラー、サイドシル、ドアミラー)が施された。これらにより、ダイナミックなデザインを獲得。各エレメントは高いパフォーマンスの表現にもひと役買っているという。

また、高級感のあるダブルスポークデザインの19インチMライトアロイホイールの装備により、アスリートのような印象をさらに色濃くしている。

インテリアはブラックパネル技術を採用した専用メーターパネルや、新設計のレザーカバーセンターコンソール、Mマルチファンクションシートなど、スポーツカーのコックピット感覚と高級アルミ製インテリアトリム、ルーフライニングなどによるラグジュアリーなインテリアとの融合が目指された。
バリエーション
Mツインパワーターボテクノロジーなど
数々の最新テクノロジーを採用
エンジンは本モデルで初採用となる、Mツインパワーターボテクノロジーによる高回転型の4.4LのV8で、最高出力560ps/最大トルク680N・mを発生。エンジンオートスタート/ストップ機能付き7速ダブルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、最高出力が約10%、最大トルクも約30%向上。同時に燃費の改善とCO2排出量を30%以上削減している。

走りの装備としては、7速ダブルクラッチミッションにドライブロジックシステムを採用。ATのようなドライブモード(D)およびMTのようなシーケンシャルモード(S)の両方で、素早く滑らかな変速を行うことが可能。さらに、リアアクスルに備わる多板クラッチを使った電子制御式リミテッド・スリップ・デフと言える、専用開発の「アクティブMディファレンシャル」や、走行条件やドライバーの好みに応じてダンパーを設定する電子制御式ダンパーなども採用された。

モノグレードで、価格は1495万円となっている。
POINT
1M社によるボディワーク
Mエアロダイナミクスを採用
BMW M5 リアスタイル|ニューモデル速報
2ブラックパネル技術を採用した
専用メーターパネル
BMW M5 インパネ|ニューモデル速報
3コックピット感覚と
高級感を融合
BMW M5 シート|ニューモデル速報
4最新の技術が投入された
4.4LのV8ツインターボ
BMW M5 エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードM5
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1891×1456
ホイールベース(mm)2964
車両重量(kg)1945
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHC+ターボ
総排気量(cc)4395
最高出力[kW(ps)rpm]412(560)/5750~7000
最大トルク[N・m/rpm]680/1500~5750
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/80
車両本体価格(万円)1495.0
■発表日:平成23年7月25日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027