新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 eK-MiEV【スクープ!】 / navi

クルマニュース

三菱 eK-MiEV【スクープ!】 / navi

(2011/08/25)

調査報告書 2011年8月
File No.095

三菱 eK-MiEV

※2011年8月25日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

三菱 eK-MiEV 予想イラスト|ニューモデル速報
三菱 RVR PHV 予想CG|ニューモデル速報三菱 アウトランダーPHV 予想イラスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2014年以降
●全長x全幅x全高:3395×1475×1550(mm)
●搭載エンジン:660cc直3+モーター
eKワゴンのEVバージョンが登場する

File No.087File No.090で紹介した三菱のEV(電気自動車)/PHV(プラグインハイブリッド)戦略。中期経営計画「ジャンプ2013」のなかで、今後3年間でEVを3車種、PHVは5車種を投入するという計画があるが、その最新情報を入手した。

ジャンプ2013についておさらいしておくと、PHVは2012年夏にマイナーチェンジされるRVR(写真右上)にPHVを追加設定。2013年初春に本格PHVとしてアウトランダー(写真右下)を投入するというスケジュールになっている。

EVに関しては、2011年に軽トラックのミニキャブMiEVを投入。2013年にはコルトの後継と目されるグローバル・スモールカーをベースにしたEVが投入されることが発表されている。前述のとおり、EVは3車種が予定されている。もう一台のEVとはいったい何か? どうやら次期eKワゴンをベースにしたEVが2014年度に発売されるようだ。

eKワゴンは2001年10月にデビュー。現行モデルは2代目にあたる。手頃な価格とそこそこ広い室内空間が受けてヒットモデルとなった。業績が低迷していた三菱を支えたハイト系軽自動車だ。当然ながら、初代からウリにしてきた低価格は外せない。そのため、3代目でもガソリン車がメインになることは間違いない。

ただし、次期モデルでは当初からEV化を想定して設計されることになる。i-MiEVで培ったモーターや制御技術が盛り込まれる本格EV仕様となる。当然ながら、日産オッティにもEV版が用意されることは間違いない。おそらくリーフの弟分として、オッティEVが登場するというシナリオになるのだろう。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027