新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリードハイブリッド 【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリードハイブリッド 【スクープ!】 / navi

(2011/09/15)

調査報告書 2011年9月
File No.098

ホンダ フリードハイブリッド

※2011年9月15日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ フリードハイブリッド 予想CG|ニューモデル速報
ホンダ フィットシャトル フロントグリル|ニューモデル速報ホンダ フリードスパイク リアビュー|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

大ヒットコンパクトミニバンにハイブリッドモデルを追加

5ナンバーフルサイズよりも少しコンパクトなミニバンとしてデビューし、大人気となったフリード。デビューから3年半近くを経過し、マイナーチェンジを果たす。

今回の変更での最大のトピックは、ハイブリッドモデルが加わること。エンジンには、気筒休止機構付き1.5Lユニットを採用。モーターを駆動するためのニッケル水素バッテリーと、制御ユニットはラゲージ床下に搭載される。

ハイブリッドモデルのリアコンビネーションランプには、消費電力の少ないLEDが用いられ、リアにはメッキの大型ガーニッシュが装備されるだろう。一方、フロントグリルにはフィットハイブリッドフィットシャトルハイブリッド(写真右上)と同じく、先進感あふれるクリアタイプのものが与えられる。

一方ノーマルのフリードには、エクステリア細部に手が加えられることになる。まず、エアロモデルのフロントバンパーのデザインが変更されるようだ。また、リアコンビランプのデザインだが、フリードスパイクと同じもの(写真右下)が流用されるという。ただし、カラーリングは変更される可能性もある。

なおフリードのマイナーチェンジと同時に、2010年7月のデビューからまだ1年ちょっとしか経過していないフリードスパイクにも小変更が加えられるようだ。燃費に優しい走行モードを選択するECONボタンが装備されて、カタログ燃費が約4%ほど改善し、JC08モードにも対応する。さらに、フリード同様にハイブリッドモデルもラインナップに加わる予定だ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027