新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ミラ イース 【新型車】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ミラ イース 【新型車】 / navi

(2011/09/20)

噂の第3のエコカーがついにデビュー
燃費は、JC08モードで30km/Lを実現

ダイハツ ミライース|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、スカイブルーを含む全8色
コンセプト
誰もが乗れる「第3のエコカー」
「低燃費」「低価格」「省資源」を追求
「第3のエコカー」の先行CMが、いま話題を呼んでいるダイハツの新型軽自動車が、ミラe:S(イース)だ。e:Sとはエコ&スマートの略で、エコはエコロジーとエコノミーを意味し、スマートにシンプルなライフスタイルを過ごす人に向けた車であることを表現している。

コンセプトは“誰もが乗れる「第3のエコカー」”。ハイブリッドなどのモーターの助力がないガソリン車の中で、JC08モードで30km/L(FF車)というナンバー1の低燃費を実現。ハイブリッド車にも迫る低燃費を誇りながらも、最廉価グレードは80万円を切る価格設定に。省資源においても、ミラ(FF/CVTモデル)に比べて約60kgの軽量化を達成、さらにCO2の排出量を20%削減している。
内外装
シンプルでありながら
低燃費を考慮した空力性能が与えられた
エクステリアは低燃費に寄与する空力的効果と、流麗さや先進感との両立が図られた。大きくラウンドしたフロントバンパーやエンジンフード、リアバンパーのサイドにエアロコーナー型のデザインを採用するなど、空気抵抗を低減させる工夫が施されている。また、リアコンビネーションランプにLEDを用いることで、エコや先進性を演出。

インテリアはシンプルで合理的なデザインを採用。インストルメントパネルのベージュとブラックの2トーンカラーや、肌触りに配慮されたシートにより、上質感を表現。また、自発光式のデジタルメーターや、金属調のオーディオユニットにより、先進性がアピールされている。

コンパクトなボディサイズながらも、室内長は1920mm、室内幅は1350mmを確保。前後乗員間距離も930mmが確保され、大人4人がゆったり座れる室内空間に仕上げられている。また、インパネフロアポケットをはじめ、さまざまな収納スペースも備えられている。
バリエーション
新開発の低燃費技術「e:Sテクノロジー」を採用
さまざまなブレークスルーで低燃費を達成
JC08モードで30.0km/Lを実現するべく、低燃費技術「e:S(Energy Saving)テクノロジー」を採用。既存の技術に対して、あらゆる面から徹底的なブレークスルーが図られた。エンジンはダイハツの新世代KFエンジンをベースに、さらなる燃焼効率の向上や、エネルギーロスの低減が実現された。組み合わされるCVTも、動力伝達効率の向上や軽量化が図られている。

ボディは安全性確保に必要な剛性を確保したうえで、徹底的な軽量化が行われた。シェルボディの骨格合理化、樹脂部品の肉薄化、前述のCVTの軽量化などで、ミラに比べ約60kgのダイエットを実現。さらに車速が7km以下を下回るとエンジンを停止させる新「エコアイドル」や、減速時に発生するエネルギーを回生させるエコ発電制御などのデバイスも搭載された。

駆動方式はFFと4WDから選択が可能。モデルバリエーションは、装備の違いにより、2WD(FF)モデルで4種類、4WDモデルは2種類が用意される。

価格はエントリーモデルであるD(2WD)の79万5000円から、4WDの最上級モデルであるGfの122万円までで、全車がエコカー減税の対象となっている。
POINT
1徹底的に空力性能を追求した
クリーンなデザイン
ダイハツ ミライース リアスタイル|ニューモデル速報
2シンプルな造形の中に
質感と先進性が盛り込まれたインパネ
ダイハツ ミライース インパネ|ニューモデル速報
3コンパクトボディだが
大人4人がゆったり座れる室内
ダイハツ ミライース シート|ニューモデル速報
4e:Sテクノロジーにより
低燃費を実現したKFエンジン
ダイハツ ミライース エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードDGGf
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1500
ホイールベース(mm)2455
車両重量(kg)730790
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/6800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]60(6.1)/5200
10・15モード燃費(km/L)32.030.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30レギュラー/34
車両本体価格(万円)79.5112.0122.0
■発表日:平成23年9月20日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027