新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 1シリーズ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW 1シリーズ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/09/26)

よりスポーティかつ、より高い環境性能を実現した
プレミアムコンパクトハッチバックの2代目

BMW 1シリーズ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のクリムゾン・レッドを含む全8色
コンセプト
初代の特徴はそのままに
ユーザーの個性に合わせたデザインラインを用意
プレミアムコンパクトハッチバックとして人気のBMW 1シリーズが、7年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジを果たした。プレミアムコンパクトセグメントにおける唯一の後輪駆動モデルというキャラクターは健在。スポーティで俊敏なハンドリング性能を実現し、コンパクトサイズながらBMWの特徴でもある、駆けぬける歓びを体現したモデルである。

従来モデルの長所を引き継ぎつつ、新世代エンジンの搭載やサスペンションの最適化によって、よりスポーティでありながら、高効率かつ走行快適性の大幅な改善が図られた。新たに、「Sport」と「Style」というデザインラインが導入されたことで、自分の好みやライフスタイルに合わせてモデルを選ぶことができる。
内外装
特徴的なフロントフェイスとロングノーズ
後席スペースの拡大が図られた
BMWの特徴であるキドニーグリルは、やや前傾のデザインを採用。片側2灯式のバイキセノンヘッドライト、3分割されたエアインテークによるフロントデザインが与えられた。これらにより、立体的な面構成を実現し、精悍なイメージが演出されている。

サイドビューでは、ロングノーズ、ロングホイールベース、後方に寄せられたキャビンにより、いかにもFRらしいスポーティで伸びやかなプロポーションが表現された。リアコンビネーションランプは、BMW共通イメージであるL字形のLEDライトが装備されている。

インテリアはダッシュボードとセンターコンソールを一体化させることで、ダイナミックな印象が与えられた。また従来モデルに比べ、ホイールベースを30mm延長させたことで、室内空間も拡大。後席の居住性が改善されている。
バリエーション
エンジンは、出力特性の違う2種類の1.6L
セグメント初の8速ATを採用
新型1シリーズでは「デザインライン」という新たなデザインコンセプトを導入。スタンダードモデルをベースに、専用のエクステリア/インテリアパーツや特別な装備品を採用することで、差別化を図るというもの。よりスポーティさを強調したモデル「Sport(スポーツ)」と、よりデザイン性を重視したスタイリッシュなモデル「Style(スタイル)」という、2つのキャラクターが与えられた。

エンジンはダウンサイジング型ユニットである1.6Lの直4直噴ターボを採用。グレードにより、136ps/170psという2種類の出力特性が与えられた。トランスミッションには全モデルに8速ATを搭載、プレミアムコンパクトセグメントでは初の採用となる。

新たに標準装備された燃費の良い走りを実現する走行モード、ECO PRO(エコ・プロ)モードや、BMW独自の環境技術、、BMW EfficientDynamics技術による、エンジンオートスタート/ストップ機能、ブレーキエネルギー回生システム、電動パワーステアリングなどが採用された結果、全モデルがエコカー減税の対象となった。

価格は136ps版のエントリーモデル、116iの308万円から、170ps版の120i Sport/120i Styleの387万円までとなっている。
POINT
1FRらしい伸びやかなデザイン
特徴的なキャラクターライン
BMW 1シリーズ リアスタイル|ニューモデル速報
2ダイナミックな印象の
インストルメントパネル
BMW 1シリーズ インパネ|ニューモデル速報
3ホイールベースが延ばされ
リアの居住スペースは拡大
BMW 1シリーズ シート|ニューモデル速報
4プレミアムコンパクトセグメントでは
初となる8速ATを採用
BMW 1シリーズ 8速AT|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード116i120i Sports
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4335×1765×1440
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)14001420
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]100(136)/4400~6450125(170)/4800~6450
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]220(22.4)/1350~4300250(25.5)/1500~4500
10・15モード燃費(km/L)17.617.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/52
車両本体価格(万円)308.0387.0
■発表日:平成23年9月22日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027