新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ピクシス スペース 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ ピクシス スペース 【新型車】 / navi

(2011/09/27)

トヨタ初となる軽自動車は、ダイハツ ムーヴコンテのOEM車

  • トヨタ ピクシス スペース|ニューモデル速報
  • トヨタ ピクシス スペース カスタム|ニューモデル速報
↑ノーマルモデル(左)と、スポーティなカスタム(右)、2種類のボディスタイルを用意
トヨタパッソとダイハツブーンなど、トヨタ=ダイハツの業務提携によるOEM車は数多い。今回登場するピクシス スペースもそんな一台で、ベース車となったのはダイハツムーヴコンテ。つまり、トヨタでは初となる軽自動車なのだ。

ピクシス スペースは、シンプルなフォルムのノーマル系と縦型2灯式のディスチャージヘッドランプやフロントエアロバンパーなどにより、存在感あふれるカスタム系の2つのボディスタイルが用意された。全8色のボディカラーとあわせて多彩なバリエーションとなっている。

2490mmのロングホイールベースと2000mmの室内長、ゆとりの室内高、ワイドな室内幅により、大人4人がくつろげる広い室内空間と十分なラゲージスペースが実現された。また、毎日使うことを考え、素材選びから縫製にまでこだわって作り込んだ、ソファのように座り心地の良いフロントシートなど、居心地の良さを追求したという。

エンジンはダイハツの次世代環境型ユニットであるKFエンジンで、NAとインタークーラーターボ付きの2種類が用意される。全車にCVTが組み合され、滑らかな走りと低燃費が実現された。駆動方式は全グレードFFと4WDから選択が可能。さらに、アイドリングストップシステム“eco IDLE(エコアイドル)”を搭載した2WD車の「X」と「カスタムG」は、10・15モード走行燃費25.5km/Lを達成。クラストップレベルの燃費性能が与えられている。

価格はFFのエントリーグレード「L」の112万円から、4WDの最上級グレード「カスタムRS」の161万1000円までとなっている。
グレードXカスタムXカスタムRS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16553395×1475×1640
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)830840930
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/720047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]60(6.1)/4000103(10.5)/3000
10・15モード燃費(km/L)25.523.018.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36レギュラー/34
車両本体価格(万円)122.0132.0161.1
■発表日:平成23年9月26日 ■取り扱い:カローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027