新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニクーペ 【新型車】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニクーペ 【新型車】 / navi

(2011/09/28)

ミニブランド第5のモデルは
量産モデルとしては初の2シータークーペ

ミニ ミニクーペ|ニューモデル速報
↑色違いのボディとルーフによる2トーンカラーはミニブランドならでは
コンセプト
ミニファミリーのなかでも
最もスポーティなキャラクターを強調
量産モデルのミニとして初となる、2シータークーペのコンセプトを採用したモデルがミニクーペだ。空力性能などに最適化が図られ、ブランドのなかでは特にスポーティなキャラクターとなっている。最もハイパフォーマンスなエンジンを搭載するグレード、ジョンクーパー・ワークス(JCW)クーペは、歴代の量産モデルの中で最も高い加速性能をもち、0→100km/h加速性能は6.4秒(欧州仕様モデル)という優れたパフォーマンスが与えられた。

高い環境性能が与えられたところも特徴で、ミニ独自の環境性能技術であるMINIMALISM(ミニマリズム)を採用。BMWグループのバルブトロニックや直噴技術を採用した効率の良いエンジンに加え、ブレーキエネルギー回生システム、オートスタート/ストップ機能など、省燃費・CO2排出量の削減に効果のある技術が導入された。
内外装
ブランド初の3ボックスボディ構造
高い収納力が与えられた室内
エクステリアはエンジンルーム、キャビン、ラゲージスペースの3部分にはっきりと分かれる3ボックスボディ構造が採用された。これはミニブランドとしては初の試みとなる。ミニハッチバックと比べて50mm低い全高や、13度寝かされたAピラーなどにより、スポーティでエレガントなクーペデザインに仕上げられた。

また、車両の速度が80km/hを超えると、トランクに組み込まれたスポイラーが自動的に上昇する、ブランドでは初採用となるアクティブリアスポイラーが、高速走行時の空力性能の最適化に寄与している。

インテリアはミニハッチバックにほぼ準じたデザインとなっているが、2シーターに割り切ったことで、ラゲージスペースはハッチバックよりも大きな280Lの容量を確保。さらに、大きなトランクスル―も標準装備されることで、大容量で多用途に活用できるラゲージスペースが実現された。
バリエーション
エンジンは1.6LのNAとターボ
全モデルにMTが用意される
エンジンは1.6Lの直噴直4DOHCのNAとターボで、最上級グレードのジョン・クーパー・ワークスには、最高出力211ps/最大トルク260N・m(オーバーブースト時280)を発生させるターボユニットが搭載される。組み合わされるミッションは、JCWは6速MTのみ。NAエンジンを積むクーパーとターボエンジンを積むクーパーSは、6速MTと6速ATから選択が可能。MTのクーパーと、クーパーSがエコカー減税の対象となる。

価格はエントリーモデルである6速MTのクーパーの297万円から、最上級グレードのジョン・クーパー・ワークスの426万円までとなっている。

なお、納車に関しては2011年12月以降となる。
POINT
1ブランド初となる
3ボックス構造のボディ
ミニ クーペ リアスタイル|ニューモデル速報
2インパネの造形は
ハッチバックモデルに準拠
ミニ クーペ インパネ|ニューモデル速報
3トランクスルーを装備
収容能力は意外と高い
スバル ステラ シート|ニューモデル速報
4高速走行時に効果を発揮する
アクティブリアスポイラー
ミニ クーペ アクティブリアスポイラー|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードクーパークーパーSジョン・クーパー・ワークス
駆動方式FF
トランスミッション6MT6AT6MT
全長×全幅×全高(mm)3740×1685×13803745×1685×13803715×1685×1380
ホイールベース(mm)2465
車両重量(kg)117012701230
乗車定員(人)2
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/6000135(184)/5500155(211)/6000
最大トルク[N・m(オーバーブースト時)/rpm]160/4250240(260)/1600-5000260(280)/1850-5600
10・15モード燃費(km/L)20.515.6-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/40プレミアム/50
車両本体価格(万円)297.0352.0426.0
■発表日:平成23年9月27日 ■取り扱い:ミニ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027