新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー ソニック 【新型車】 / navi

クルマニュース

シボレー ソニック 【新型車】 / navi

(2011/10/07)

新生GMが誇る世界各地の開発能力を結集
世界戦略車の任を担うコンパクトハッチバック

シボレー ソニック|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のフレイムレッドを含む全5色
コンセプト
キーワードは「ワイルドコンパクト」
シボレーらしさを訴求
2011年7月に日本デビューを果たしたキャプティバと同様に、新生GMのグローバル・アーキテクチャー(北米、ヨーロッパ、韓国など、GMが世界各地にもつ開発拠点の共同作業)により、開発されたコンパクトハッチバックのソニックが日本デビューを果たした。

斬新かつ大胆なデザインから「ワイルド・コンパクト」と命名されたソニックは、競争が熾烈な小型車マーケットに打って出た世界戦略車。日本に右ハンドル仕様が導入されたことも、その表れだ。クール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由)など、シボレーの特徴を訴求したモデルになる。
内外装
斬新かつ大胆なボディスタイル
室内は心地良さと使い勝手の良さを追求
エクステリアはひと目でシボレー車だとわかるデュアルポートグリルと、中央に据えられたボウタイエンブレムや、モーターサイクルをモチーフとしたレンズカバーをもたない剥き出しのヘッドランプなどが特徴で、若々しく斬新で大胆なボディスタイルが目指された。また、ブリスター状に処理されたホイールアーチやワイドトレッド、短いオーバーハングなどにより、力強く安定したスタイリングが強調されている。

インテリアはシボレーの最上級スポーツクーペ、コルベット譲りのデュアルコックピットデザインが施されており、ラップラウンドしたインストルメントパネルは、両側のドアにまで連続する処理で包まれ感を演出。メータークラスターはバイクにヒントを得た大きな回転計とデジタルメーターの組み合わせになっている。

コンパクトカーには必須の収納スペースも巧妙に考えられている。2つのグローブボックスをはじめ、各種の物入れやドアポケット、センターにある3カ所のカップホルダーなど、多様な収納スペースが備えられた。
バリエーション
BFI構造による強靭なボディ
パワートレインは1.6Lエンジン+6AT
エンジンは最高出力115psを発生させる1.6Lガソリンユニットで、組み合わされるミッションは6速AT。このパワートレインは気持ちの良い走行性能を実現するとともに、低燃費かつ環境への負荷をできるだけ低減することを目標に開発された。エントリーモデルとアルミホイール、メタリックペイントなどが与えられる上級モデルの2グレードが用意される。

高い安全性をもつボディ・フレーム・インテグラル(BFI)構造による強靭なボディや先進の電子制御システムにより、欧州の厳しい安全基準であるユーロNCAPの安全性能において、最高ランクである5つ星を獲得している。

価格はエントリーモデルのソニックが189万円。上級グレードのソニックLTは198万円。発売は2011年11月12日からとなっている。
POINT
1世界中の開発拠点による
共同作業で開発した世界戦略車
シボレー ソニック リアスタイル|ニューモデル速報
2バイクをイメージした
独自のメーターパネル
シボレー ソニック インパネ|ニューモデル速報
3使い勝手の良さや心地良さを
追求した居住スペース
シボレー ソニック シート|ニューモデル速報
4フレーム溶接型モノコックの
BFI構造による堅牢なボディ
シボレー ソニック ボディシェル|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードソニックソニックLT
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4050×1740×1525
ホイールベース(mm)2525
車両重量(kg)1220
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1597
最高出力[kW(ps)rpm]85(115)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]155(15.8)/4000
10・15モード燃費(km/L)11.3
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/46
車両本体価格(万円)189.0198.0
■発表日:平成23年10月6日 ■取り扱い:シボレー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027