新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ インサイト 【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ インサイト 【スクープ!】 / navi

(2011/10/13)

調査報告書 2011年10月
File No.101

ホンダ インサイト

※2011年10月13日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ インサイト エクスクルーシブ|ニューモデル速報
ホンダ インサイト|ニューモデル速報ホンダ インサイド インパネ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2011年11月
●全長x全幅x全高:4395×1695×1435(mm)
●搭載エンジン:1.5L 直4+モーターほか
1.5Lエンジンの上級グレードを追加

「ホンダグリーンマシーン1号」の看板を掲げて、現行インサイトがデビューしたのは2009年2月のこと。そろそろマイナーチェンジのタイミングを迎えつつあるようで、スクープ班はその情報をキャッチした。

ライバルであるトヨタプリウスに大きく水をあけられ、身内からもフィットハイブリッドという強力なライバルが登場し、インサイトの魅力は大きく減退している。そこで、車格と質感の向上が図られることになるようだ。

File No.078でお伝えしたとおり、上級シリーズとしてCR-Zと同じ1.5Lエンジンを搭載する「エクスクルーシブ(写真左)」が投入される。エンジン出力はCR-Zと比べてデチューンされており、最高出力111ps/最大トルク14.5kg-m。モーターの出力は、同14ps/8.0kg-mでCR-Zと共通。このユニットでの10・15モード燃費は26.5km/Lとなるようだ。

エクスクルーシブは、内外装も1.3L車(写真右上)と差別化される。フロントバンパーはフォグランプが収まる左右のダクトと、中央のインテークがまとめてブラックアウト処理され、ワイドに口を開けた表情が演出される。また、ラジエターグリルとバンパー左右にポジションランプ連動のLEDアクセサリーランプが埋め込まれる。

リアにはディフューザー風のデザイン処理が施されたバンパーとメッキガーニッシュが与えられ、アンテナもシャークフィンタイプが採用されるようだ。インテリア(写真右下)では、インパネを横断するシルバー調ガーニッシュや、メーターパネル回りのシルバー塗装などにより、高品位なイメージが与えられるようだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027