新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリード/フリードスパイク 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリード/フリードスパイク 【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/10/27)

内外装の変更および、VSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備

  • ホンダ フリード|ニューモデル速報
  • ホンダ フリードスパイク|ニューモデル速報
↑フロントセクションが改良されたフリード(左)。フリードスパイク(右)も同時にマイナーチェンジ
「サイコーにちょうどいいホンダ」のキャッチフレーズで登場した5ナンバーサイズのコンパクトミニバン、フリードと、フリードから派生した5人乗りハイトワゴンのフリードスパイクが、揃ってマイナーチェンジを果たした。共通の変更点としては、安定した走りでゆとりをもたらすVSA(車両挙動安定化制御システム)が標準装備されたことだ。

個別に見ていくと、フリードは全タイプの3列目シートが3席から2席へと変更された。これは一人ひとりの占有スペースを拡大させることが目的で、6人乗り仕様と7人乗り仕様が用意される。エクステリアでは、メッキとクリアを組み合わせたLED式のリアコンビネーションが採用された。また、一部グレードにはスタイリッシュなクローム調のヘッドライトガーニッシュが採用されている。最上級のGエアロはバンパー形状を変更。クロームメッキによる精悍な印象のラジエターグリルが与えられた。

フリードスパイクは、運転席と助手席にアームレストがエントリーグレードであるG以外の全モデルに標準装備された。また、全モデルに省燃費運転に貢献する「ECONモード」を標準装備。その結果、前輪駆動モデルの6人乗り仕様の燃費性能はJC08モードで16.6km/L、10・15モード燃費では17.0km/Lを実現した。

価格は、フリードとフリードスパイク共通のエントリーグレードであるGのFF車の169万8000円から、フリードの最上級車となる7人乗り仕様のGエアロ4WDで233万500円、フリードスパイクでは4WDのGエアロ4WDの229万9000円までとなっている。
グレード(すべてフリード)GGジャストセレクションGエアロ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT5AT
全長×全幅×全高(mm)4215×1695×17154215×1695×1745
ホイールベース(mm)2740
車両重量(kg)129013301410
乗車定員(人)67
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]87(118)/6600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]144(14.7)/4800
10・15モード燃費(km/L)17.014.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)169.8188.15233.05
■発表日:平成23年10月27日 発売日:10月28日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027