新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ インサイト 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ インサイト 【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/10/27)

1.5Lエンジンを搭載した上級モデル「エクスクルーシブ」を追加設定

ホンダ インサイトエクスクルーシブ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のプレミアムホワイトパールを含む全8色
優れた環境性能と手頃な価格で人気の5ナンバーハイブリッドセダン、インサイトがマイナーチェンジを果たし、11月11日に発売される。従来型では、1.3L+IMAシステムによるハイブリッドというパワートレインのみであったが、今回の変更を機に、1.5L+IMAシステムを搭載する上級グレード、インサイトエクスクルーシブが追加設定されている。

この新たな1.5Lユニットの10・15モード燃費は26.5km/Lとなり、改良が施された1.3Lユニットは、10・15モード燃費が従来型比+1.0km/Lの31.0km/Lへと向上した。

エクステリアでは、空力性能とスタイルの両面が追求された新デザインの前後バンパーを採用。新登場のエクスクルーシブでは、LEDアクセサリーランプが埋め込まれたフロントグリルや、スポーティな専用デザインの前後バンパー、サイドガーニッシュなどを装備。さらにラジオのアンテナには、プレミアム感の高いシャークフィンタイプが与えられている。

インテリアでは、居住性や後方視界の向上のためにリアシートの形状が見直された。エクスクルーシブでは、黒木目調パネルや高輝度シルバーパネルが備えられるなど、インパネの質感がノーマルモデルに比べて高められている。

走りの性能も追求され、操縦安定性と乗り心地/静粛性との両立が図られ、サスペンション特性や、吸・遮音材の見直しを実施。さらに、安定した走りに貢献するVSA(車両挙動安定化制御システム)が標準装備された。

価格は1.3Lエンジンを搭載するエントリーグレードであるGの193万円から、最上級グレードである1.5Lユニットのエクスクルーシブ XL インターナビセレクトの256万円までとなる。全体的に従来型に比べて若干の価格上昇となった。
グレードGXGXL インターナビセレクト
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4390×1695×14254395×1695×1435
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)119012001210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC+モーター
総排気量(cc)13391496
最高出力[kW(ps)rpm]65(88)/5800+10(14)/150082(111)/6000+10(14)/1500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4500+78(8.0)/1000142(14.5)/4800+78(8.0)/1000
10・15モード燃費(km/L)31.026.525.5
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)193.0208.0256.0
■発表日:平成23年10月27日 発売日:11月11日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027