新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ インサイト 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ インサイト 【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/10/27)

1.5Lエンジンを搭載した上級モデル「エクスクルーシブ」を追加設定

ホンダ インサイトエクスクルーシブ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のプレミアムホワイトパールを含む全8色
優れた環境性能と手頃な価格で人気の5ナンバーハイブリッドセダン、インサイトがマイナーチェンジを果たし、11月11日に発売される。従来型では、1.3L+IMAシステムによるハイブリッドというパワートレインのみであったが、今回の変更を機に、1.5L+IMAシステムを搭載する上級グレード、インサイトエクスクルーシブが追加設定されている。

この新たな1.5Lユニットの10・15モード燃費は26.5km/Lとなり、改良が施された1.3Lユニットは、10・15モード燃費が従来型比+1.0km/Lの31.0km/Lへと向上した。

エクステリアでは、空力性能とスタイルの両面が追求された新デザインの前後バンパーを採用。新登場のエクスクルーシブでは、LEDアクセサリーランプが埋め込まれたフロントグリルや、スポーティな専用デザインの前後バンパー、サイドガーニッシュなどを装備。さらにラジオのアンテナには、プレミアム感の高いシャークフィンタイプが与えられている。

インテリアでは、居住性や後方視界の向上のためにリアシートの形状が見直された。エクスクルーシブでは、黒木目調パネルや高輝度シルバーパネルが備えられるなど、インパネの質感がノーマルモデルに比べて高められている。

走りの性能も追求され、操縦安定性と乗り心地/静粛性との両立が図られ、サスペンション特性や、吸・遮音材の見直しを実施。さらに、安定した走りに貢献するVSA(車両挙動安定化制御システム)が標準装備された。

価格は1.3Lエンジンを搭載するエントリーグレードであるGの193万円から、最上級グレードである1.5Lユニットのエクスクルーシブ XL インターナビセレクトの256万円までとなる。全体的に従来型に比べて若干の価格上昇となった。
グレードGXGXL インターナビセレクト
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4390×1695×14254395×1695×1435
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)119012001210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC+モーター
総排気量(cc)13391496
最高出力[kW(ps)rpm]65(88)/5800+10(14)/150082(111)/6000+10(14)/1500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4500+78(8.0)/1000142(14.5)/4800+78(8.0)/1000
10・15モード燃費(km/L)31.026.525.5
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)193.0208.0256.0
■発表日:平成23年10月27日 発売日:11月11日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027