新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 【新型車】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 【新型車】 / navi

(2011/10/18)

俊敏さと高い経済性を両立させた、スタイリッシュな2ドアクーペ

  • メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ|ニューモデル速報
  • メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ リアスタイル|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のラジウムシルバーを含む全11色
2011年7月にデビューしたAMG C63AMGクーペに続いて、メルセデス・ベンツからもCクラスの2ドアクーペがデビューした。現行Cクラスのセダン/ステーションワゴンが追求した、俊敏性と快適性という相反する要素を両立させる「AGILITY CONTROL(アジリティコントロール)」サスペンションに加え、クーペならではの高いボディ剛性による、俊敏かつ快適な走行性能が実現された。

エクステリアは、流れるようなルーフラインと、Cピラーに向かって立ち上がる力強いウインドウグラフィックとを融合させた、ワイド&ローのシルエットが印象的。また、Cピラーがリアアクスルより後方までつながることでテールを短く見せながら、ワイド感を強調するLEDのリアコンビネーションランプのデザインが組み合わされたリアビューなど、エレガントさとスポーティさを兼ね備えたクーペならではのプロポーションが与えられている。

インテリアは、クーペ専用となるヘッドレスト一体型の4座独立シートを採用。3連チューブデザインのメーターや、CLSと共通する3本スポークのステアリングなどにより、スポーティなキャラクターが強調された。また、合計11個のエアバッグや全4席のベルトフォースリミッターなどの乗員保護システム、運転中の注意力低下を検知してドライバーに警告を促すアテンションアシストなど、充実した安全装備が与えられる。ラゲージスペースは、Cクラスのセダンよりも10L容量が大きい450Lを獲得している。

メルセデス・ベンツ独自のユーザーインターフェイスである、新世代のCOMANDシステムは、グーグルマップとの連携や、Bluetoothオーディオ機能、iPodをはじめとするさまざまな音楽データの再生など、エンターテインメント性を大幅に高める機能が備えられた。

ラインナップは、C180クーペとC250クーペの2種類が用意される。パワートレインは、最高出力156ps(C180クーペに搭載)と204ps(C250クーペに搭載)という2種類の出力特性が与えられた1.8Lの直噴直4DOHCターボで、組み合わされるミッションは、いずれも7速ATの「7G-TRONIC PLUS」となる。両モデルともに、アイドリングストップ機構の「ECOスタートストップ機能」を採用。C250クーペは75%のエコカー減税対象となった。

価格はエントリーグレードであるC180クーペが435万円。上級グレードのC250クーペは598万円となる。
グレードC180クーペC250クーペ
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4640×1780×1390
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)-1580
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1795
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/5000150(204)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/1600-4200310(31.6)/2000-4300
10・15モード燃費(km/L)-13.8
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66
車両本体価格(万円)435.0598.0
■発表日:平成23年10月17日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027