新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ CR-V 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ CR-V 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/11/28)

「いつでも、どこへでも、気軽に、気持ちよく」を
これまでにないレベルで極めた4代目“スーパーCR-V”

ホンダ CR-V|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のトワイライトブルー・メタリックを含む全6色
コンセプト
初代以来のコンセプトは、さらに進化
3つの資質が打ち立てられた
現在、世界中のメーカーがラインナップするコンパクトSUV。その元祖ともいえるホンダCR-Vが、4代目へとフルモデルチェンジを果たした。CR-Vとは、「Comfortable Runabout Vehicle(コンフォータブル・ランナバウト・ビークル)=快適に自由に走り回る移動体」を意味している。初代から受け継がれてきたコンセプト「いつでも、どこへでも、気軽に、気持ちよく」走る車像を、より進化させた。

モデルチェンジにあたり、「乗用車の燃費性能と乗り心地:EFFICIENT(エフィシェント)」「ミニバンの機能性と使い勝手:FUNCTIONAL(ファンクショナル)」「SUVの安心感と頼もしさ:CONFIDENT(コンフィデェント)」という、3つの資質が打ち立てられている。
内外装
SUVの風格と滑らかな空力ボディを両立
快適な移動にこだわり抜いたインテリア
エクステリアは、「BOLD&ADVANCE(大胆かつ先進的)」をコンセプトに、厚みのあるフロントノーズやボディ下端とホイールアーチの全周をガーニッシュで覆い、力強さと車格感を表現。アッパー部は視界や見晴らしの良さをアピールするグラッシーなキャビンにより、空間の広さや機能性を印象づけ、スマートで先進的な乗用車イメージが表現された。

インテリアは、左右方向に大きく広がるインストルメントパネルが印象的。「瞬間認知・直感操作」がテーマに掲げられたスイッチ類は、機能性や操作性が徹底的に追求されている。ドライバー正面には走行系の機能が、インパネのセンター部には視認性が考慮された情報系の機能が配置され、スムーズな操作が可能になっている。

室内は、高効率なパッケージングにより、従来モデル以上に広い空間が実現された。ホンダ独自の低床・低重心パッケージを核に、ボディサイズを縮小しながらも、運転のしやすさや使い勝手の向上が図られている。
バリエーション
力強く、低燃費を実現した
2種類のパワートレイン
メカニズム面では、ピストンパターンコーティングやプラトーホーニング加工が施されたシリンダー、低張力ピストンリングなど、徹底的なフリクション低減が図られたことで、燃費性能が向上した。パワートレインは、2Lエンジン+CVTと2.4L+5速ATの2種類が用意されており、前者はFF仕様に、後者は4WD仕様に搭載される。

2Lユニットは、低速域からの力強いトルクと低燃費を両立させた「可変吸気量制御」i-VTEC仕様で、クラストップの低燃費と力強い走りを実現。2.4Lユニットは、吸気バルブタイミングの位相をエンジン負荷に応じて連続的に制御するVTCを組み合わせた、DOHC i-VTEC仕様とパドルシフトが備わる5速ATにより、燃費性能と出力を向上させつつ、力強い走りを実現している。

価格はエントリーモデルであるFFの20Gが248万円。上級グレード、4WDの24Gは275万円となっている。
POINT
1滑らかさと力強さ
強さや機能を表現したスタイル
ホンダ CR-V リアスタイル|ニューモデル速報
2瞬間認知・直感操作がテーマ
操作性の高いインパネ
ホンダ CR-V インパネ|ニューモデル速報
3ひとクラス上を感じさせる
大ぶりなシートを配置
ホンダ CR-V シート|ニューモデル速報
4一新された4WDシステム
リアルタイムAWDを採用
ホンダ CR-V リアルタイムAWDシステム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード20G24G
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT5AT
全長×全幅×全高(mm)4535×1820×1685
ホイールベース(mm)2620
車両重量(kg)14601540
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC直4DOHC
総排気量(cc)19972354
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200140(190)/7000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]191(19.5)/4300222(22.6)/4400
10・15モード燃費(km/L)15.412.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/58
車両本体価格(万円)248.0275.0
■発表日:平成23年11月28日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027