新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウス プラグインハイブリッド 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウス プラグインハイブリッド 【新型車】 / navi

(2011/11/29)

トヨタが考える次世代モビリティ社会の柱
手が届く価格を実現したプラグインハイブリッド

トヨタ プリウスプラグインハイブリッド|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のシルバーメタリックを含む全8色
コンセプト
電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)の
長所をあわせ持つ次世代環境車
トヨタの環境性能車の代名詞ともいえるプリウスに、家庭用電源などから充電ができるプラグインハイブリッド(PHV)方式の仕様が加わった。近場なら電気自動車(EV)としてモーターのみでの走行が可能で、長距離ではハイブリッド車(HV)として走行できる。

電池切れを気にせずロングドライブができることや、ガソリン消費量やCO2排出量を低減し地球環境に大きく貢献するなど、メリットは多い。トヨタでは、プラグインハイブリッド車を来るべきモビリティ社会を見据えた「トヨタグローバルビジョン」における次世代環境車の柱と位置づけているという。
内外装
内外装は、ベースとなったプリウスに準ずる
スマートフォンを活用したUIなど未来感を演出
エクステリアは基本的にベースとなったプリウスに準じたものとなるが、専用のロゴやフロントのアッパーグリル下部にメッキのグリルガーニッシュを追加するなど、随所にプラグインハイブリッド専用のアイテムが採用された。ほかにも、ヘッドライトエクステンション部のブルースモーク塗装化や、充電口にクロムメッキのプラグマークがデザインされるなど、専用の意匠が数多く施されている。

インテリアでは、ステアリングやコンソールボックスなどの加飾部に、より立体感を際立たせた金属処理が施され、質感の向上が図られた。また、専用のオーナメントには、高輝度シルバーの縁どりが設定されるなど、プラグインハイブリッド車であることをアピールするアイテムも用意される。

装備面では、全車に快適温熱シートや、EV走行をサポートするエコドライブモニターが採用された。プラグインハイブリッド独自の機能として、手持ちのスマートフォンから充電状況やエコ運転情報などを把握できる「eConnect」や、ユーザーと車、ユーザーとユーザーをつなぐSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「トヨタフレンド」などが用意されている。
バリエーション
満充電はわずかAC200V電源で約90分
リチウムイオンバッテリーを採用
パワートレインは、プリウスのリダクション機構付きTHS IIをベースに、外部電源からの充電に対応する高効率車載充電器を採用した「THS II Plug-in(リダクション機構付き)」に進化。バッテリーには、新開発の高容量リチウムイオンバッテリーが採用され、EV走行が実現された。

ハイブリッドシステムを備えているため、大きなバッテリーを搭載する必要がなく、既存のEVと比べて短時間での満充電を実現。AC200V電源で約90分、AC100V電源では約180分で充電が可能となっている。家庭用電源から簡単な操作で充電することも可能で、屋外の専用コンセントに充電ケーブルをつなぎ、プリウスPHVの充電口に差し込むだけで充電が開始される。

モデルラインナップは、エントリーグレードのSと上級のG、その本革シート仕様、Gレザーパッケージの3グレードを用意。価格はSの320.0万円から、Gレザーパッケージの420.0万円までとなっている。
POINT
1PHV独自の加飾や
専用デザインを随所に採用
トヨタ プリウスプラグインハイブリッド リアスタイル|ニューモデル速報
2センタークラスターなどに
上質な素材を使い質感を向上
トヨタ プリウスハイブリッド インパネ|ニューモデル速報
3エンジンを始動せずに
快適機能の使用が可能
トヨタ プリウスプラグインハイブリッド シート|ニューモデル速報
4充電方法はシンプル
専用ケーブルを充電口に挿すだけ
トヨタ プリウス プラグインハイブリッド 充電口|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードSGレザーパッケージ
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4480×1745×1490
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)14101440
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1797
最高出力[kW(ps)rpm]73(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]142(14.5)/4000+207(21.1)
プラグインハイブリッド燃費(km/L)61.057.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)320.0420.0
■発表日:平成23年11月29日 発売日:平成24年1月30日 ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027