新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N BOX 【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ N BOX 【新型車】 / navi

(2011/11/30)

人にゆとりをもたらす革新プラットフォーム
Nコンセプトを採用した超ハイト系軽ワゴン

ホンダ N BOX|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のプレミアムホワイトパールを含む全11色
コンセプト
キャビンから設計を始めたNコンセプト
新世代“軽”プラットフォームの第1弾
魅力ある軽自動車ラインナップを新たに構築するべく、ホンダが開発した共通プラットフォームが、Nプラットフォームとなる。そのNプラットフォームを採用するシリーズの第1弾にあたるモデルが、スーパーハイトワゴンのN BOXだ。ホンダのM・M思想(マンマキシマム・メカミニマム=人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に)を体現すべく、空間のゆとりが“Nコンセプト”の第一に据えられているという。

Nプラットフォームとは、新エンジンと新CVTによるエンジンルームと、フィットなどにも採用されるホンダ独創のセンタータンクレイアウトを組み合わせたもの。ステップワゴンをはじめとする、ホンダのミニバンの魅力をそのまま軽サイズに凝縮。容積を定員で割った一人当たりの空間はミニバン以上の快適な空間を実現。多彩なシートアレンジや運転のしやすさ、高い環境性能、経済性も備わるミニ・ミニバンが目指された。
内外装
広さがひと目でわかる箱形デザイン
高いユーティリティ性能と快適性
エクステリアは箱形デザインを採用し、見た目にも室内の広さをアピール。また、厚みのある重厚ボディとパノラマキャビンを両立させることで、ミニバンらしさも表現された。クロームメッキが施されたフロントグリルと大型ヘッドライトにより、洗練と親しみやすさの両立が図られた。また、走りのモデルであるカスタムもラインナップ。ベースモデルとは異なる意匠により、華やかさが演出されている。

インテリアでは、広さを最大限に引き出すデザインが施された。シートはフロント/リアともに軽自動車最大級のベンチシートが与えられている。インストルメントパネルは、横基調のインパネトレイによりワイド感を強調。立体的な独立3眼メーター上部からオーディオまでを覆うワイドバイザーや、ピアノブラックパネルなどによりミニバンらしさを表現。カスタムは、専用のブラック内装や専用加飾、ブルーイルミネーションなどで、上級ミニバンのようなイメージが演出されている。

居住空間は室内長2180mm、室内高1400mmという軽自動車ナンバー1の空間が実現された。荷室にポリタンクやベビーカーを積載した状態で、後席にいる大人でもゆったりと足を組むことができる広さを実現。シートアレンジも多彩で、リアシートをダイブダウンやチップアップさせることで、折りたたまずにベビーカーや自転車、大型犬用キャリーカートなどを搭載することができる。
バリエーション
新世代の軽専用エンジン&CVTを採用
NA仕様車には、アイドリングストップも装備
エンジンはホンダが軽専用に新たに開発した660ccの直3DOHCエンジンで、NAとターボが用意される。従来型のエンジンに比べて、単体で15%以上の軽量・コンパクト化を実施。上級車種のV6エンジンはもとより、F1マシンで培った高度な技術も投入されており、静粛性やフリクションロスの低減も図られた。

ミッションはエンジン同様に、軽自動車用として新たに開発されたCVTを採用。このパワートレインに加えて、NA仕様車にはアイドリングストップシステムが装備されることで、高い環境性能が実現された。

価格はエントリーモデルであるG(FF)の124.0万円から、最上級グレードであるカスタムGターボパッケージ(4WD)の178.0万円までとなっている。
POINT
1ひと目で広さが伝わる
箱形デザインのエクステリア
ホンダ N BOX リアスタイル|ニューモデル速報
2ミニバンらしさが演出された
インストールメントパネル
ホンダ N BOX インパネ|ニューモデル速報
3室内長、室内高ともに軽最大級
広々とした空間を実現
ホンダ N BOX シート|ニューモデル速報
4スポーティな演出が施された
華やかなN BOXカスタム
ホンダ N BOXカスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGカスタムG LパッケージカスタムG ターボパッケージ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17703395×1475×1800
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)9309601030
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/2600
10・15モード燃費(km/L)24.518.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35レギュラー/30
車両本体価格(万円)124.0155.0178.0
■発表日:平成23年11月30日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027