新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N BOX 【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ N BOX 【新型車】 / navi

(2011/11/30)

人にゆとりをもたらす革新プラットフォーム
Nコンセプトを採用した超ハイト系軽ワゴン

ホンダ N BOX|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のプレミアムホワイトパールを含む全11色
コンセプト
キャビンから設計を始めたNコンセプト
新世代“軽”プラットフォームの第1弾
魅力ある軽自動車ラインナップを新たに構築するべく、ホンダが開発した共通プラットフォームが、Nプラットフォームとなる。そのNプラットフォームを採用するシリーズの第1弾にあたるモデルが、スーパーハイトワゴンのN BOXだ。ホンダのM・M思想(マンマキシマム・メカミニマム=人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に)を体現すべく、空間のゆとりが“Nコンセプト”の第一に据えられているという。

Nプラットフォームとは、新エンジンと新CVTによるエンジンルームと、フィットなどにも採用されるホンダ独創のセンタータンクレイアウトを組み合わせたもの。ステップワゴンをはじめとする、ホンダのミニバンの魅力をそのまま軽サイズに凝縮。容積を定員で割った一人当たりの空間はミニバン以上の快適な空間を実現。多彩なシートアレンジや運転のしやすさ、高い環境性能、経済性も備わるミニ・ミニバンが目指された。
内外装
広さがひと目でわかる箱形デザイン
高いユーティリティ性能と快適性
エクステリアは箱形デザインを採用し、見た目にも室内の広さをアピール。また、厚みのある重厚ボディとパノラマキャビンを両立させることで、ミニバンらしさも表現された。クロームメッキが施されたフロントグリルと大型ヘッドライトにより、洗練と親しみやすさの両立が図られた。また、走りのモデルであるカスタムもラインナップ。ベースモデルとは異なる意匠により、華やかさが演出されている。

インテリアでは、広さを最大限に引き出すデザインが施された。シートはフロント/リアともに軽自動車最大級のベンチシートが与えられている。インストルメントパネルは、横基調のインパネトレイによりワイド感を強調。立体的な独立3眼メーター上部からオーディオまでを覆うワイドバイザーや、ピアノブラックパネルなどによりミニバンらしさを表現。カスタムは、専用のブラック内装や専用加飾、ブルーイルミネーションなどで、上級ミニバンのようなイメージが演出されている。

居住空間は室内長2180mm、室内高1400mmという軽自動車ナンバー1の空間が実現された。荷室にポリタンクやベビーカーを積載した状態で、後席にいる大人でもゆったりと足を組むことができる広さを実現。シートアレンジも多彩で、リアシートをダイブダウンやチップアップさせることで、折りたたまずにベビーカーや自転車、大型犬用キャリーカートなどを搭載することができる。
バリエーション
新世代の軽専用エンジン&CVTを採用
NA仕様車には、アイドリングストップも装備
エンジンはホンダが軽専用に新たに開発した660ccの直3DOHCエンジンで、NAとターボが用意される。従来型のエンジンに比べて、単体で15%以上の軽量・コンパクト化を実施。上級車種のV6エンジンはもとより、F1マシンで培った高度な技術も投入されており、静粛性やフリクションロスの低減も図られた。

ミッションはエンジン同様に、軽自動車用として新たに開発されたCVTを採用。このパワートレインに加えて、NA仕様車にはアイドリングストップシステムが装備されることで、高い環境性能が実現された。

価格はエントリーモデルであるG(FF)の124.0万円から、最上級グレードであるカスタムGターボパッケージ(4WD)の178.0万円までとなっている。
POINT
1ひと目で広さが伝わる
箱形デザインのエクステリア
ホンダ N BOX リアスタイル|ニューモデル速報
2ミニバンらしさが演出された
インストールメントパネル
ホンダ N BOX インパネ|ニューモデル速報
3室内長、室内高ともに軽最大級
広々とした空間を実現
ホンダ N BOX シート|ニューモデル速報
4スポーティな演出が施された
華やかなN BOXカスタム
ホンダ N BOXカスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGカスタムG LパッケージカスタムG ターボパッケージ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17703395×1475×1800
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)9309601030
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/2600
10・15モード燃費(km/L)24.518.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35レギュラー/30
車両本体価格(万円)124.0155.0178.0
■発表日:平成23年11月30日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
3
up
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
5
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
6
down
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
8
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
9
down
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
10
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027