新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサスポーツ/G4 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサスポーツ/G4 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/11/30)

車格の概念を超えるさまざまな価値を凝縮
スバル独自の文化を大切にしたグローバルカー

スバル インプレッサ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のディープチェリー・パールを含む全8色
コンセプト
コンセプトは「ニューバリュークラス」
既存の車格感にとらわれない価値を模索
スバルのCセグメントカーであるインプレッサがフルモデルチェンジを果たした。歴代モデルが培ってきた、他のメーカーにはない独自の価値である「スタイリッシュ」「スポーティ」「上質」なコンパクトカーを追求。

従来の自動車がもつクラス観やセグメント分けに縛られることなく、新しさやインプレッサを選ぶ人のスマートさを表現する「ニューバリュークラス」というコンセプトの車像が目指された。なおボディタイプは、5ドアハッチバックのスポーツと4ドアセダンのG4の2種類が用意されている。
内外装
スタイリッシュなシルエットを実現
大幅に拡大された室内
エクステリアは、拡大されたホイールベースと200mm前方へ移動したAピラーなどにより、キャビンが伸びやかに感じられるスタイリッシュなシルエットを実現。またスバル車に共通するヘキサゴングリルや、鷹の目のようなホークアイヘッドランプなど、印象的で力強いフロントマスクとなった。

ボディサイドでは、ホイールの存在を主張する前後フェンダーと、径の大きさを強調したデザインのアルミホイール/ホイールキャップなど、走りのイメージを演出。リアコンビランプは、光の広がりと立体感が感じられるリフレクター形状にデザインされている。

インテリアは、Aピラーの付け根を200mm前方へ移動したで、開放感のある視界を確保。また、このAピラーの処理と25mm延長されたホイールベースにより、ボディサイズは従来型と同レベルでありながら、広い室内スペースを確保。シートの形状も見直され、疲労の軽減や快適性の向上に貢献している。
バリエーション
2種類の新世代ボクサーエンジン
環境性能と走りを両立
エンジンは、2Lと1.6Lの新世代水平対向エンジン。ロングストローク化やデュアルAVCSなど、徹底した効率化が施されている。1.6Lエンジンは完全新設計のユニットで、従来の1.5Lエンジンに対して、全域の出力性能を向上。組み合わされるトランスミッションは、軽量・コンパクトで環境対応にも優れた新リニアトロニックと、ギア比を最適化することで、燃費性能の向上を実現した5速MTとなる。

さらに新開発のアイドリングストップ機構「オートスタートストップ」を水平対向エンジンでは初搭載。これらにより、10・15モード燃費は、1.6LエンジンのFF車で18.4km/L、2LエンジンのFF車では18.2km/Lを達成している。

価格は1.6Lを搭載するFFのエントリーモデル、1.6iの154万4000円から、スバル独自の安全技術EyeSightを搭載する最上級グレード、4WDの2.0i-S EyeSightの233万1000円までとなっている。同グレードにおける4ドアセダンと5ドアハッチバックで価格の差はない。
POINT
1伸びやかなキャビンを表現
スタイリッシュなシルエット
スバル インプレッサ リアスタイル|ニューモデル速報
2Aピラー基部を前方へ移動
開放感のあるインパネを実現
スバル インプレッサ インパネ|ニューモデル速報
3ボディサイズはそのままに
室内スペースを大幅に向上
スバル インプレッサ シート|ニューモデル速報
44ドアセダンのG4も
5ドアのスポーツと同時にデビュー
スバル インプレッサG4|ニューモデル速報
Photo/篠原晃一
SPECIFICATIONS
グレードスポーツ1.6iスポーツ2.0i-S EyeSightG4 1.6i-LG4 2.0i-S EyeSight
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4415×1740×14654580×1740×1465
ホイールベース(mm)2645
車両重量(kg)1250134013201340
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC
総排気量(cc)1599199515991995
最高出力[kW(ps)rpm]85(115)/5600110(150)/620085(115)/5600110(150)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]148(15.1)/4000196(20.0)/4200148(15.1)/4000196(20.0)/4200
10・15モード燃費(km/L)18.417.017.617.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55
車両本体価格(万円)154.4233.1192.1233.1
■発表日:平成23年11月30日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027