新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ザ・ビートル 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/12/01)

初代のフォルムを再現しながら
最新の技術を満載した21世紀のビートル

フォルクスワーゲン ザ・ビートル|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のキャンディーホワイトを含む全6色
コンセプト
初代ビートルのフォルムや
モチーフをモダンにリデザイン
1938年に生産が開始されたフォルクスワーゲンの初代「ビートル」を、最新の環境技術や安全装備など、現代の車に求められている性能をすべて満たした上で蘇らせたのが、ザ・ビートルだ。デザイン性を前面に打ち出した先代モデルのニュービートルとは異なり、ひと目見ただけで誰もが「ビートル」とわかるスタイルが与えられた。

懐かしくもモダンなフォルムとは裏腹に、メカニズムにはフォルクスワーゲンの最新テクノロジーが満載されている。パワートレインは、1.2Lならではの低燃費と、1.8L級の性能とを両立させたTSIエンジンに、ツインクラッチの7速DSGミッションが組み合わされる。燃費性能は10・15モード燃費17.2km/Lを達成。先代モデル、ニュービートルより48%もの燃費改善が実現された。
内外装
内外装の至る所に初代モデルへの
オマージュが見てとれる
エクステリアは、ボディ後端まで延長されたルーフラインなど、初代ビートルのサイドシルエットを再現すると同時に、リアシートの居住性の向上が図られた。また、ロー&ワイドなプロポーションが強調されたことで、歴代ビートルの中で、最もスポーティでダイナミックなスタイリングを獲得。

インテリアも、エクステリアと同様に初代ビートルの面影がうかがえる。ダッシュボードには、ビートルボックスと呼ばれる過去モデルにも存在した収納スペースを再現。また、ボディ同色カラーパネルが取り付けられるなど、ビートルが築き上げた伝統と文化に対する敬愛が込められている。

先行導入されるレザーパッケージは、シートヒーターが備わる上質なレザーシートやバイキセノンヘッドライト、左右独立温度調整が可能なデュアルエアコンなど、安らぎの空間とダイナミックなスタイリングとをバランスよく備えている。
バリエーション
まずは、レザーパッケージ仕様を導入
ファブリック仕様も追って販売
日本にまず導入されるのは、デザインと呼ばれるモデルのレザーパッケージ仕様で、追ってファブリック仕様が追加設定される。レザーパッケージは、2012年4月以降全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで予約受け付けを開始し、夏以降に販売される予定。

価格はレザーパッケージ仕様は303万円、追加設定されるファブリック仕様が250万円となっている。
POINT
1ひと目でビートルとわかるデザイン
ダイナミックさもプラスされた
フォルクスワーゲン ザ・ビートル リアスタイル|ニューモデル速報
2初代ビートルの敬意が込められた
インストルメントパネル
フォルクスワーゲン ザ・ビートル インパネ|ニューモデル速報
3レザーパッケージ仕様のシート
シートヒーターも装備される
フォルクスワーゲン ザ・ビートル シート|ニューモデル速報
47速ツインクラッチの
高効率なDSGミッションを採用
フォルクスワーゲン ザ・ビートル DSGミッション|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードデザインデザイン レザーパッケージ
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4270×1815×1495
ホイールベース(mm)2535
車両重量(kg)1280
乗車定員(人)4
エンジン種類直4SOHC+ターボ
総排気量(cc)1197
最高出力[kW(ps)rpm]77(105)/5000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]175(17.8)/1500-4100
10・15モード燃費(km/L)17.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/55
車両本体価格(万円)250.0303.0
■発表日:平成23年11月30日 予約開始:平成24年4月以降 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027