新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ RAV4 【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ RAV4 【スクープ!】 / navi

(2011/12/08)

調査報告書 2011年12月
File No.108

トヨタ RAV4

※2011年12月8日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ RAV4 スクープ画像|ニューモデル速報
トヨタ RAV4 初代モデル|ニューモデル速報トヨタ RAV4 予想イラスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2012年11月
●全長x全幅x全高:4500×1815×1660(mm)
●搭載エンジン:2L 直4、2.5L 直4
国内マーケットへの復権をかける、元祖街乗りクロカン

1990年代のクロカンブームでけん引役を務めたRAV4。初代(写真右上)は、5ナンバーサイズのコンパクトなボディで登場。その後、海外市場を向いた結果、モデルチェンジごとにサイズは拡大されていった。

その隙をついてジュークデュアリスを投入した日産が、国内マーケットでの存在感を打ち出した。元祖街乗りクロカンとして黙ってはいられない。奪われた知名度を取り返すべく、RAV4がついにそのメンツにかけて逆襲に乗り出す。

写真左は、スクープ班がキャッチしたテスト車の画像。ボンネットは、SUVらしからぬスラントノーズを獲得。Aピラーはスラント&前出しされ、クーペライクな傾斜がつけられた。同時にオーバーハングも切り詰められている。全体的に空力特性の改善が図られ、なおかつスタイリッシュなデザインに変身するようだ。

サイドビューも、ボディ前半部と同様に、凡庸だった印象から洗練された雰囲気へとイメージチェンジ。サイドウインドウグラフィックスに注目すると、ウェッジシェイプがつけられるウエストラインや、ルーフの下がり具合などと相まって、一見ライバルである日産デュアリスと似たデザインながら、力強さと躍動感が演出されている。

エンジンは2Lと2.5Lの直4ユニットで、カムリと同じ2.5L+モーターのハイブリッド仕様も後ほど用意される模様。実はRAV4デビューのおよそ1年後に、兄弟車としてハリアーが発売される予定。同車に魅力的なセールスポイント、つまり“華”をもたせるべく、ハイブリッドはハリアー版が先にデビューするようだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
6500ものパーツを刷新し、新型Sクラスは別の車へと生まれ変わった(2017/12/17)
スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売(2017/12/14)
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027