新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ランドクルーザー 【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ ランドクルーザー 【スクープ!】 / navi

(2011/12/15)

調査報告書 2011年12月
File No.109

トヨタ ランドクルーザー200

※2011年12月15日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ ランドクルーザー200|ニューモデル速報
トヨタ ランドクルーザー200 リアスタイル|ニューモデル速報トヨタ ランドクルーザー200 インパネ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

60年を超える歴史を誇るキング・オブ・SUV

その高い走破性は、中東で絶大な人気を獲得。また、クロカンブーム全盛の1990年代においては盗難率ナンバー1だった、トヨタSUVの頂点、ランドクルーザー200のマイナーチェンジが間もなく行われる。

戦後ほどない1951年の初代デビューから60年を超え、61年目のリフレッシュということになる。その影響もあって、丸型の前後灯火類やポジションランプなど、初代を彷彿とさせるモチーフが起用されているのが印象的だ。

インテリアの質感も向上が図られている。センタークラスターは、オーディオ回りをピアノブラックに変更。輝度が増したシルバー加飾パーツと合わせて、上質な雰囲気が演出された。またメーターパネルでは、カラーTFT画面のマルチインフォメーションディスプレイが搭載されるなど、キング・オブ・SUVの名に恥じぬ装備が施される。

弟分であるプラドで登場した2つの最新デバイスが、この変更を機にランドクルーザーにも採用される。路面状況に応じたモードをセレクトすることで、ブレーキの油圧をモードに合わせて最適化するマルチテレイン・セレクトが、GXを除く全グレードに装備される。また、進行方向の間近の路面状況や障害物を確認できるマルチテレイン・モニターもオプション設定される。

急な坂道などでのホイールスピンやロックを抑えるクロールコントロールは、コントロール幅が3段階から5段階へ進化。ドライバーのステアリング操作などで旋回意思を感知し、内側後輪にブレーキをかけて車両の向きを変えやすくするオフロード・ターンアシストも全車に装備される。マイナーチェンジを受けたランドクルーザー200は、来週にも登場すると見られている。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027