新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ランドクルーザー200【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ランドクルーザー200【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/12/19)

最新デバイスで、悪路走破性がさらに向上

  • トヨタ ランドクルーザー200|ニューモデル速報
  • トヨタ ランドクルーザー200 インパネ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、アティチュードブラックマイカを含む全7色。カラーTFTのマルチインフォメーションディスプレイが新たに採用されている
世界で最も知名度の高いSUVであり、三菱パジェロとともに1990年代のクロカン(クロスカントリー)ブームをけん引したトヨタSUVの頂点、ランドクルーザー200が、内外装の変更を含むマイナーチェンジを実施した。

エクステリアでは、フロントのバンパーやグリル、フォグランプの変更に加え、プロジェクター式ヘッドランプが採用されるなど、フロントマスクが刷新された。また、リアコンビネーションランプ、サイドプロテクションモール、アルミホイールもデザインが変更されている。さらに、サイドターンランプ付きドアミラーや、雨滴センサー付きフロントオートワイパーを標準装備するなど、安全性も向上した。

インテリアには、新色シェルを含む全3色のカラーを設定。光沢のある木目調のインストルメントパネルが上質感を演出。また、視認性に優れた大型カラーTFT液晶による「マルチインフォメーションディスプレイ」をメーターパネルに採用。走行状態やタイヤ切れ角といったオフロード走行に役立つ情報をはじめ、燃費や矢印ナビなどさまざまな車両情報を表示することで、ユーザーの快適なドライビングをサポートする。

上級グレードには、冬場の運転時に役立つステアリングヒーターや、フロントシートにベンチレーション(送風)機能を。またサードシートに格納・固定をセミパワーで行える機能が追加されるなど、キング・オブ・SUVにふさわしい豪華装備が用意される。

この変更を機に、4WD車ならではの高い走破性にも磨きがかけられた。砂地/がれき/モーグル/岩石路など、走行環境に応じてスイッチ操作でトラクションやブレーキの制御を切り替える「マルチテレインセレクト」や、車載カメラの映像から周囲の路面状況を確認できる「マルチテレインモニター」が新たに採用された。

価格は2列シート5人乗り仕様のエントリーグレードであるGXの440万円から、3列8人乗りの最上級グレード、ZXの630万円までとなる。エントリーグレードは5万円の価格上昇で、最上級グレードは逆に60万円の値下げとなっている。発売は2012年1月6日から。
グレードGXAX GセレクションZX
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4950×1970×18804950×1970×1870
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)243025302690
乗車定員(人)58
エンジン種類V8DOHC
総排気量(cc)4608
最高出力[kW(ps)rpm]234(318)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]460(46.9)/3400
10・15モード燃費(km/L)7.16.9
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/93
車両本体価格(万円)440.0550.0630.0
■発表日:平成23年12月19日 発売日:平成24年1月6日 ■取り扱い:トヨタ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027