新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アクア 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ アクア 【新型車】 / navi

(2011/12/26)

次の10年を見据えた革命児
目指すは、2020年のコンパクトカー

トヨタ アクア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のクールソーダメタリックを含む全10色
コンセプト
ハイブリッドを多くのユーザーに
アクア(水)のように自由な広がりを
次の10年を見据え、より多くのユーザーにハイブリッドを提供すべく、コンパクトカーに革命を起こすような車像を目指して世に放たれたスモールハイブリッドがアクアだ。車名は、従来のハイブリッドカーのイメージにとらわれることなく、アクア(水)のように自由に楽しめる車となることを願って命名されたという。

「2020年のコンパクトカー」をコンセプトに、量産型ハイブリッドカー開発17年間の技術と知恵を結集。世界一の低燃費と爽快な走り。使いやすく楽しいハイブリッドであること。スタイリッシュでありながら広い室内空間。求めやすい価格の4つを追求している。
内外装
エクステリアは、先進性を楽しく大胆に表現
外観からは想像できない広がり感のある室内
内外装やカラーには、「eco FUN」というデザインコンセプトが掲げられた。目指したのは、誰もが当たり前にエコカーに乗る時代に向けた、日常での嬉しさを実感できる、楽しくアクティブなハイブリッドカーだ。

エクステリアは、優れた空力性能をもつトライアングルシルエットが特徴。上下に分割されたラジエターグリルをはじめとする、大胆かつ力強いフロント回りのデザイン。リアスポイラーからコンビネーションランプ、バンパーのエアロコーナーまで一体感のある構成のリアビューは、安定感や頼もしさ、優れた空力性能とキレを演出したものだという。

インテリアは、コンパクトな外見からは想像できない広い室内と、使い勝手を大切にした心地良さが特徴だ。インストルメントパネルは、水平で薄くワイドなデザインを採用。スイッチ類や特徴的なレジスターなどを黒で統一するなど、使いやすさが追求された。

装備面では、ステアリングから手を離さずに、オーディオ操作やエアコン操作が行えるステアリングスイッチや、指先がステアリングスイッチのどこに触れているのかをメーターに自動表示するタッチトレーサーディスプレイなど、プリウスに採用された先進のユーザーインターフェイスが装備されている。
バリエーション
小型化されたハイブリッドシステム
JC08モード35.4km/Lの低燃費を実現
先代プリウスに採用された1.5Lエンジンを徹底的にブラッシュアップ。クールドEGR(排出ガス再循環)システムや電動ウォーターポンプなどの最新技術を採用。小型・軽量化はもちろん、高性能化も果たされた。そのほかにも、システム全体が細部にわたって見直され、小型化が実現された。その結果、車両の重心低下、ハイブリッドユニットやエンジン/バッテリーがミッドマウント化され、優れた操縦性・走行安定性を獲得したという。

新たなパワーユニットと、Cd値0.28を誇る優れた空力ボディとの組み合わせにより、燃費性能はJC08モードで35.4km/L。10・15モード燃費では40.0km/Lという世界一の低燃費を実現した。

価格は、エントリーモデルであるLの169万円から、最上級グレードであるGの185万円までとなっている。
POINT
1優れた空力性能を実現する
トライアングルシルエット
トヨタ アクア リアスタイル|ニューモデル速報
2デザインや色調で
インテリアの広がり感を演出
トヨタ アクア インパネ|ニューモデル速報
3ひろびろ感が演出された室内
フロントシートはゆったりサイズ
トヨタ アクア シート|ニューモデル速報
4TFT液晶による
マルチインフォメーションディスプレイ
トヨタ アクア エコドライブモニター|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードLSG
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3995×1695×1445
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)10501080
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]54(74)/4800+45(61)/3500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]111(11.3)/3600~4400+169(17.2)/0~2250
10・15モード燃費(km/L)40.037.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36
車両本体価格(万円)169.0179.0185.0
■発表日:平成23年12月26日 ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027