新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ Nハッチ(仮称) 【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ Nハッチ(仮称) 【スクープ!】 / navi

(2012/01/05)

調査報告書 2012年1月
File No.111

ホンダ Nハッチ(仮称)

※2012年1月5日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ Nハッチ|ニューモデル速報
ホンダ N360|ニューモデル速報ホンダ ライフ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2012年8月
●全長x全幅x全高:3395×1475×1635(mm)
●搭載エンジン:660cc 直3
新プラットフォームを採用した軽ハッチバックの正体は!?

軽自動車マーケットで商機を逃したホンダ。起死回生を目論み2011年11月に発売したN BOXでは、プラットフォームやエンジンなどを刷新したNコンセプトが導入されたことは記憶に新しい。

2011年12月に行われた第42回東京モーターショーでは、新プラットフォームによるハッチバックモデル、Nコンセプト4が出展された。懐かしのN360(写真右上)を連想させる愛嬌ある顔つきが印象的なコンセプトモデルだった。

実はこのNハッチ(仮称)は、Nシリーズの今後を示す大きな役割を担うことになる。一見するとそのボディは、カタマリ感のあるフォルムでコンパクトに見えるが、ミラやスズキアルトと同類のセダン系軽自動車かというと、答えはNO。Nハッチの全高は意外と高く、立体駐車場にギリギリ入らない高さとなるようだ。

しかし、スズキワゴンRやダイハツムーヴなどのハイトワゴン系よりは低く設定される見通し。かつてスバルが販売していたプレオに近いサイズといえる。つまり、重心が上がりすぎず、かつ十分な室内スペースが確保される最適な高さに定められる。実はこのNハッチ、2012年後半にライフ(写真右下)の後継としてデビューする予定のモデルなのだ。

Nハッチは、ライフ後継車として幅広いユーザーを受け入れることになるだろう。ベーシックグレードは、アイドリングストップ機構やVSA、スマートキーなどを省略することで、徹底的に価格訴求が図られることになるようだ。ほかには環境性能を追求したグレードや、ターボエンジンを搭載するホットモデルなど、いくつかのバリエーションが用意される模様。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027