新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アルファロメオ ジュリエッタ 【新型車】 / navi

クルマニュース

アルファロメオ ジュリエッタ 【新型車】 / navi

(2012/01/13)

卓越した走行性能とエレガントなスタイリングで
伝説の名車が30年の時を超えて復活

アルファ ロメオ ジュリエッタ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のアイスホワイトを含む全4色
コンセプト
新開発のプラットフォームを採用
卓越したハンドリングと快適性を実現
第二次世界大戦終了から10年もたたない1954年に、流麗なスタイリングと高い性能を手に届く価格で実現した初代ジュリエッタがデビュー。発売後約60年を経た現在でも根強いファンをもつ伝説的な名車であることに異論をはさむ者はいないだろう。1985年の2代目の生産終了から約30年を経て登場したのが、この新型ジュリエッタだ。

アルファ ロメオらしい走りの愉しみやエレガントなスタイリングと、クラストップの実用性、快適性、安全性とを両立。最新技術を投入することで、ユーザーがコンパクトカーに求めるニーズを十分に満たすことができるよう新規開発された。

「コンパクト」と呼ばれる新開発のプラットフォームは、高張力鋼板や超高張力鋼板の使用比率を重量比で90%以上に高めた。その結果、重量を増加させることなく、大幅な強度の向上を実現。またアルミ材を多用するなど軽量化し、快適性と運動性能の両立が図られた。この両立には、車の走行特性を3つの異なる走行モードで切り替えるアルファロメオD.N.A.(ダイナミック・ノーマル・オールウェザー)システムも貢献している。
内外装
イタリアンスタイルのエクステリア
上質な素材を使用したインテリア
エクステリアは、エネルギッシュな個性と、人目を引くエレガントなフォルムを兼ね合わせたデザインが目指されている。フロントバンパーと一体化し、全く新しい解釈を施したアルファ ロメオの伝統的な盾形グリルによるフロントマスク。クーペモデルを連想させるサイドウインドウのシルエットや、ドアハンドルをウインドウフレームに隠したリアドアなどにより、ダイナミックでシャープなイメージを作り出すサイドビューなど、存在感のあるスタイリングに仕上がっている。

インテリアは、皮革などイタリアブランドならではの上質な素材を使用。クリーンな水平基調のインストルメントパネルに、スポーティなホワイトメーターを配置したシンプルかつスタイリッシュなデザイン。各スイッチは、先進のエルゴノミクス(人間工学)に基づいて理想的な位置に配置することで、操作性を向上。また、ラゲージルームは通常で350L(リアシート格納時1045L)という容量が実現された。

新開発のプラットフォームにより安全性もトップクラス。厳しい欧州の安全基準、Euro NCAPにおいて最高評価である5つ星を獲得している。
バリエーション
新開発の“1750”ccエンジンと
1.4Lダウンサイズターボを用意
エンジンは、名車「1750」の名を冠した1750直噴ターボエンジンとMiToにも採用された1.4Lターボマルチエアの2種類。新開発の1750ユニットは、最高出力235psの高出力と3Lクラスのトルクを実現。ターボラグを抑制し、ドライバビリティを向上させた革新的なエンジンとなる。組み合わされるミッションは、6速MTのみと硬派な設定だ。

1.4Lユニットは、マルチエアシステムを搭載することで、同レベルの出力をもつガソリンエンジンの中では、クラス最高の燃費性能と環境性能を誇るという。こちらはツインクラッチのAlfa TCTとの組み合わせで、アイドリングストップ機構のSTART&STOPシステムも搭載される。

価格は、1.4Lのエントリーグレードであるスプリントの318万円から、クアドリフォリオヴェルデの388万円まで。発売は2012年2月4日からとなっている。
POINT
1伝統の名称に恥じない
存在感のあるスタイリング
アルファロメオ ジュリエッタ リアスタイル|ニューモデル速報
2クリーンな水平基調ながら
技ありのインパネデザイン
アルファロメオ ジュリエッタ インパネ|ニューモデル速報
3吟味された素材が採用された
イタリアンスタイルの室内
アルファロメオ ジュリエッタ シート|ニューモデル速報
41.4Lには写真のツインクラッチ
1.8Lは6速MTが組み合わされる
アルファロメオ ジュリエッタ Alfa TCT|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードスプリントコンペティツィオーネクアドリフォリオヴェルデ
駆動方式FF
トランスミッション6AT6MT
全長×全幅×全高(mm)4350×1800×1460
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)14001440
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)13681742
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/5500173(235)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/2500340(34.7)/1900
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)318.0358.0388.0
■発表日:平成23年1月5日 ■取り扱い:アルファロメオ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027