新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー コレオス【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ルノー コレオス【マイナーチェンジ】 / navi

(2012/01/26)

内外装の質感を向上させ、イメージを一新

ルノー コレオス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真の新色、オランジュ エラーブルメタリックを含む全5色
街中や高速道路などはもちろん、荒れた路面やオフロードでも快適な運転を楽しめる、「もっと遠くに出かけたくなる」乗り心地と快適性を追求。本格的な4WD性能をもちながら、運転しやすく、フランス車らしい快適な乗り心地のフレンチクロスオーバー、ルノーコレオスにマイナーチェンジが施された。

今回の変更は、主に内外装の質感の向上が中心。エクステリアは、大型のラジエターグリルが与えられたフロントデザインや、新しいホイールデザインの採用で、タフでダイナミックかつモダンな印象の外観となった。また、ワンタッチウインカー機能付きドアミラーが装備され、利便性も向上している。ボディカラーは5色中の3色が新色に変更された。

インテリアは、シート形状やメーターのデザインを刷新。また、上級グレードは、ダッシュボードのカラーをベージュからブラウンに変更。さらに、ピアノ調トリム、光沢アルミ調エアコン吹き出し口フィニッシャーなどの採用により、質感と機能性の向上が図られている。

パワートレインは、従来型と同様の2.5Lの直4DOHCエンジンとCVTの組み合わせになる。

価格はエントリーグレードであるダイナミックの324万8000円から、最上級グレードであるプレミアム グラスルーフの364万8000円までとなる。全グレードとも従来型より、4万8000円の価格上昇となった。

グレードダイナミックプレミアムプレミアム グラスルーフ
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4525×1855×1710
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)167017001730
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2488
最高出力[kW(ps)rpm]126(170)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]226(23.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)10.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65
車両本体価格(万円)324.8354.8364.8
■発表日:平成24年1月26日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027