新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス GS【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス GS【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/01/26)

次世代レクサスの先駆となるコアセダン
GTセダンとして「感性に響く楽しい走り」に挑戦

レクサス GS|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のソニックシルバーを含む全11色
コンセプト
外形ミニマム/室内マキシマム
「スマートサイジング」がキーワード
アッパーミドルサイズのプレミアムセダンとして、北米市場においてメルセデス・ベンツEクラスやBMW5シリーズ、アウディA6シリーズなどと激しい販売競争を繰り広げるレクサスGSが、7年ぶりに4代目へとフルモデルチェンジを果たした。

GSとは、「Grand Touring Sedan(グランドツーリングセダン)」を語源とする。トヨタが考える「多くの荷物を積載し、乗員が快適に移動できる、高性能かつ強い存在感をもった車」をさらに推し進め、レクサスでは先進・快適装備などの“機能価値”にとどまらず、ユーザーの心に響くラグジュアリー性と操る楽しさという“感性価値”を併せ持った車像を目指している。

まずは、グランドツーリングセダンであるためのパッケージングや、基本諸元の構築からスタート。プラットフォームも刷新された。日本のマーケットを見据え、「スマートサイジング」をキーワードに、外形サイズはmm単位で切り詰め、逆に室内スペースはmm単位で拡大したという。その結果、室内空間拡大のためにモデルチェンジごとにボディサイズを大きくすることなく、パッケージングの効率化を実現。快適な居住性と、車を操る楽しさという相反する要素を、二律双生で実現させている。
内外装
次世代レクサスのアイデンティティを主張する外観
レクサスが考える人間中心のインテリア
エクステリアは、レクサス独自のデザインフィロソフィであるL-fitnesse(先鋭-精妙の美)を進化させることで、独自の存在感を創出。特に、歴代レクサスの独自性を継承した逆台形のアッパーグリルと、ハの字に開いたアンダーグリルを組み合わせたスピンドルグリルは、次世代レクサスの明確なアイデンティティとして、今後、各モデルに展開していくとのこと。

mm単位の努力で広げられたロングキャビンを包むダイナミックなサイドビュー。低重心感を強調することで、FRらしさを表現するリアフェンダー回りなど、自然の風と共生する最適な形から生まれる造形美を追求した、LFAから生まれた造形手法が継承された。

インテリアは、人の気持ちを先取りするような技術や、配慮が織り込まれた空間という、レクサスが目指す「人間中心のインテリア」に基づいてデザインされている。具体的には、視線移動の少ない最適な位置に配置された12.3インチのワイドディスプレイや、水平方向への広がりが感じられるインストルメントパネル、またレクサス独自のインターフェイスであるリモートタッチは、さらにシンプルな第2世代へと進化している。

世界最上級のシートを目指して、骨格から新開発されたフロントシートや、前後/サイドのホールド性を高めることで、座り心地はもちろん、長時間乗車でも疲れにくいリアシートなど、レクサスが目指す「おもてなしの心」や、快適に移動できる空間が目指された。
バリエーション
元祖FRハイブリッドはさらに進化
ガソリンモデルは2種類のV6エンジン
エンジンは、ガソリンモデルが3.5Lと2.5Lという2種類のV6。トランスミッションは、ハイブリッドモデルを除き6速ATが組み合わされる。3.5Lエンジン車には通常のFRに加え、4WDも設定される。

先代GSで、世界初採用となったFRハイブリッドシステムも進化。ハイブリッド専用に全面改良された3.5Lユニットに、2つの高出力モーターを組み合わせたシステムが採用された。モーターパワーは、高低の2段変速付きリダクション機構により、発進から最高速まで最適に制御。4.5LのV8エンジンに匹敵する加速性能を誇る。

2.5L/3.5L/ハイブリッドのいずれにも、ベースグレードのほか「I package」、「version L」、そして「F SPORT」の3モデルが用意される。

価格は、2.5Lユニットを搭載する、GS250の510万 円から、ハイブリッドモデルのGS450h「F SPORT」の800万円まで。なお、GS450hの発売は2012年3月の予定。
POINT
1次世代レクサスのアイコンが
ちりばめられたエクステリア
レクサス GS リアスタイル|ニューモデル速報
212.3インチのワイドモニターなど
おもてなし装備が充実
レクサス GS インパネ|ニューモデル速報
3グランドツーリングセダンとして
長距離移動の快適性が求められたシート
レクサス GS シート|ニューモデル速報
4元祖FRハイブリッドはさらに進化
発売は2012年3月からとなる
レクサス GS ハイブリッドシステム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGS250GS350 I PackageGS350 Version LGS450hGS450h F SPORT
駆動方式FR4WDFR
トランスミッション6ATCVT
全長×全幅×全高(mm)4850×1840×14554850×1840×14704850×1840×1455
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)16401650176018201860
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHCV6DOHC+モーター
総排気量(cc)24993456
最高出力[kW(ps)rpm]158(215)/6400234(318)/6400217(295)/6000+147(200)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]260(26.5)/3800380(38.7)/4800356(36.3)/4500+275(28.0)
10・15モード燃費(km/L)11.610.09.820.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66
車両本体価格(万円)510620710700800
■発表日:平成24年1月26日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027