新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A6アバント【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

アウディ A6アバント【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/02/15)

大幅な軽量化と効率化を実現したアッパーミドルサイズワゴン

アウディ A6アバント|ニューモデル速報
ボディの約20%をアルミニウムで構成することで、軽量化を実現
アウディのアッパーミドルクラスであるA6に、ステーションワゴンモデルのA6アバントが追加投入された。2011年8月に日本市場にデビューしたセダンのA6から約半年遅れの登場となった。なお販売は2012年2月下旬からとなる。

「Avant(アバント)」とは、「前衛的な、一歩先行く」という意味をもつ言葉。その名のとおり、新型A6アバントでは、プレミアムアッパーミディアムクラスに新たな基準を創出した。具体的には軽量なアルミ素材を全体の20%以上に使用したモノコックボディや新世代クワトロ(アウディ独自のフルタイム4WDシステム)といったイノベーティブな技術の採用。またスタートストップシステムを搭載するガソリン直噴エンジンによる環境性能とスポーティドライブとの両立などがあげられる。

エクステリアは、先に登場したセダンのA6がもつ、一目でアウディとわかる特徴的なフロントフェイスはそのままに、Dピラーまでフラットに続く特徴的なルーフラインがスポーティさを演出。なおかつ、エレガントかつプレステージ性を感じさせるデザインが与えられた。

インテリアは、マルチメディアインターフェイスであるMMIが、新世代のタッチパッド方式となった。またオーディオはBOSEの14スピーカーサラウンドサウンドシステムを標準装備。オプションでバング&オルフセンの15スピーカー/1200Wも用意されるなど、高い品質が追求されている。

ステーションワゴンの魅力であるラゲージスペースは、通常時で565L、最大で1680Lという大容量を確保。リアバンパーの下方で特定の動作をすると、センサーにより触れることなくテールゲートが自動的に開くバーチャルペダル付きオートマチックテールゲートもオプションで用意されている。

エンジンは2.8LのV6 FSI と3LのV6+スーパーチャージャーTFSI の2種類で、いずれのエンジンもトランスミッションには7速Sトロニックが組み合わされる。前述のとおり、スタートストップシステムが採用されたことで、環境性能も高められている。

価格は2.8Lユニットを搭載する、A6アバント2.8FSIクワトロが640万円。3LユニットのA6アバント3.0TFSIクワトロが865万円となる。

グレード2.8FSIクワトロ3.0TFSIクワトロ
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4940×1875×1495
ホイールベース(mm)2910
車両重量(kg)17901850
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHCV6DOHC+スーパーチャージャー
総排気量(cc)27722994
最高出力[kW(ps)rpm]150(204)/5250-6500228(310)/5500-6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]280(28.6)/3000-5000440(44.9)/2900-4500
JC08モード燃費(km/L)11.811.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/65
車両本体価格(万円)640.0865.0
■発表日:平成24年2月9日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027