新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧インフィニティ EMERGE-E(エマージE)【スクープ!】 / navi

クルマニュース

インフィニティ EMERGE-E(エマージE)【スクープ!】 / navi

(2012/03/01)

調査報告書 2012年3月
File No.119

インフィニティ EMERGE-E(エマージE)

※2012年3月1日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

インフィニティ エマージE予想イラスト|ニューモデル速報
インフィニティ エッセンス|ニューモデル速報日産 エスフロー|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2012年3月
●全長x全幅x全高:-×-×-(mm)
●搭載エンジン:1.2L+モーター
ジュネーブに登場するEVスポーツコンセプト

いよいよ、直前に迫った2012年のジュネーブショー。世界中のメーカーが新技術やニューモデルを出展する自動車の祭典だ。今回は日産の高級ブランド、インフィニティが放つEVスポーツコンセプトに注目していきたい。

それは華麗なスポーツクーペ「EMERGE-E(エマージE)」だ。先のデトロイトショーでトヨタがレクサスLF-LCを、ホンダはNSXコンセプトを披露したことは記憶に新しい。日産も追いかける形で、最新テクノロジー満載の2ドアを初公開する模様。

一部公開された画像と予想イラストを合成してみた(写真左)。2009年のジュネーブショーで公開されたインフィニティデザインの方向性を示す「エッセンス」(写真右上)を踏襲していることがわかる。プラスして2011年の同ショーで日産ブースにて公開されたEVスポーツ「エスフロー」(写真右下)のメカニズムを合体、進化させたコンセプトに仕立てられる。

EVスポーツのエスフローは、リーフゆずりの電気モーターが2個、左右後輪を駆動するために搭載されていた。0-100km/hの発進加速タイムは5秒以下を実現。EVであっても走りを楽しめることを表現したものの、EVのバッテリー性能による航続可能距離の問題は解決されなかった。

そこで日産が目をつけたのが、レンジエクステンダーという発想だ。これは、バッテリー残量が少なくなると、自前で発電&充電して航続可能距離を延長するというシステムを指す。エマージEでは、充電用の1.2Lエンジンがモーターや制御ユニットとともに、キャビン後方に搭載される。ミッドシップならではの優れた重量バランスでスポーツ性をアピールするようだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027