新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ SLクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ SLクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/03/30)

11年ぶりにフルモデルチェンジを果たした最高級ロードスター

  • メルセデス・ベンツ SL|ニューモデル速報
  • メルセデス・ベンツ SL インテリア|ニューモデル速報
↑アルミのボディシェルを採用することで、大幅な軽量化を実現
1952年に発表されたガルウィングモデル「300 SL」を祖とする、メルセデス・ベンツの高級スポーツカーであるSLクラスが、11年ぶりに6世代目へとフルモデルチェンジを果たした。流麗なロードスターのスタイリングに、様々な先進技術を採用。最高級ロードスターとして優れた走行性能と上質で快適な乗り心地、高い環境適合性と安全性を兼ね備えたモデルに仕立てられている。

エクステリアは、ロングノーズ&ショートデッキという伝統的なスタイリングを継承。メルセデス・ベンツの量産モデルとしては初となるフルアルミニウムボディシェルを採用したことで、従来モデルと比較して最大で140kgもの軽量化が果たされた。また、部位により最適な素材や構造設計を施すことで、ねじれ剛性が従来モデルより20%以上も向上。操縦性と快適性が高められている。

インテリアは、7インチディスプレイを中心とするユーザーインターフェイス、COMAND(コマンド)システムや、冬のオープン走行時に役立つ快適装備であるエアスカーフなどにより、最高級ロードスターにふさわしい利便性、快適性が実現された。

新たに採用された装備としては、低音スピーカーをドアに内蔵せず運転席および助手席の足元に設置することでルーフの開閉状況にかかわらず臨場感あふれる音響を実現する「FrontBassシステム」。ワイパーブレードに数多く開けられた穴からウォッシャー液を噴射することにより、オープンルーフ時にも室内を汚すことなく視認性を確保できる「マジックビジョンコントロール」が標準装備される。

安全装備としては、レーダー波を用いて前方や側方の車両などを検知し、自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する最新の予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」や、配光モードを自動で切り替えるインテリジェントライトシステム等の先進のドライバー支援システムなどが標準装備される。

パワートレインは、全モデルに新世代直噴エンジンとECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機構)を備えた最新型の7速ATを採用。動力性能と燃費経済性とを高次元で両立させた。エンジンは、3.5LのV6ユニットと、4.7Lと5.5Lの2つのV8直噴ターボユニットが用意される。軽量ボディとあわせて、燃費性能はグレードにより、22~30%の向上を果たしたという。

価格は、3.5Lユニットを搭載するエントリーグレード、SL350ブルーエフィシェンシーの1190万円から、5.5Lユニットを搭載する最上級グレード、SL63AMGの1980万円までとなっている。
グレードSL350ブルーエフィシェンシーSL550ブルーエフィシェンシーSL63AMG
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4612×1877×13154633×1877×1300
ホイールベース(mm)2585
車両重量(kg)168517851845
乗車定員(人)2
エンジン種類V6DOHCV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)349846635461
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6500320(435)/5250395(537)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]370(37.7)/3500-5250700(71.4)/1800-3500800(81.6)/2000-4500
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/75
車両本体価格(万円)1190.01560.01980.0
■発表日:平成24年3月18日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027