新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラアクシオ/フィールダー【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラアクシオ/フィールダー【スクープ!】 / navi

(2012/04/05)

調査報告書 2012年4月
File No.124

トヨタ カローラアクシオ/フィールダー

※2012年4月5日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ カローラ|ニューモデル速報
トヨタ カローラフィールダー リアスタイル|ニューモデル速報トヨタ カローラ インパネ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

史上初のダウンサイズを実施しながら室内スペースを確保

いよいよ、11代目となるカローラが、2012年5月11日に発表される。今回は直前情報を含めてお届けしよう。さて、次期モデルだが1966年の初代デビュー以来、初となる試みにチャレンジしているという。

なんと、外形サイズのコンパクト化が図られたのだ。全長は4ドアセダンのアクシオで50mm、ステーションワゴンのフィールダーでは60mmの短縮に成功している。なおかつ室内スペースは従来型よりも拡げられたという。

このコンパクト化は、自動車市場におけるユーザー層の高齢化を意識したもの。コンパクト化により最小回転半径は0.2m短縮の4.9mをマーク。また、細く角度が立てられたAピラーや左右まで回り込んだフロントウインドウ、斜め前方視界を改善するべく、設置位置が見直されたドアミラーなど、運転のしやすさに重点が置かれている。

ステーションワゴンのフィールダーは、全長こそ短縮されるものの、長方形に成型されるリアウインドウや、縦長のリアコンビランプなど、細かい意匠の変更により、決してプアには見えないデザインとなっている。また、新たにハッチゲートに樹脂素材が用いられることもニュースだ。ゲートを軽量化することで、ハッチの使い勝手もあがるだろう。

エンジンは、1.5Lの直4がメイン。ただし、セダンのアクシオに1.3Lユニットが復活する。またワゴンのフィールダーは上級グレードに1.8Lエンジンもラインナップされるようだ。「大人4人が安心・安全・快適に長距離を移動できる最小のクルマ」という原点に立ち返ったカローラ。ボディは小さいが、車市場においては巨人である。発表が待ち遠しい。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027