新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ステップワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ ステップワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

(2012/04/05)

FF車に新開発のCVTを採用、クラストップの低燃費を実現

  • ホンダ ステップワゴン|ニューモデル速報
  • ホンダ ステップワゴン CVT|ニューモデル速報
↑マイナーチェンジを機に追加されたスポーツモデル、スパーダZ・COOL SPIRITS。右は新開発されたCVTで、アイドリングストップなどとあわせ、クラストップの低燃費を実現
5ナンバー2Lクラスの7/8人乗りミニバンとして、日産 セレナやトヨタ ノア/ヴォクシーと激しい販売台数争いを繰り広げているステップワゴンがマイナーチェンジを実施。FF車にクラストップの燃費性能が与えられた。なお、今回の変更はFFモデルに限られたもので、4WD仕様の変更は5月に発表が予定されている。

最大の変更点は、FF車全モデルに新開発のCVTやアイドリングストップシステムなどが採用されたことだ。これにより、2012年4月から施行される新エコカー減税において、クラス初となる全車75%減税に適合している。ちなみにベースモデルである「G」グレードのJC08モード燃費は15.0km/Lとなっている。

エクステリアは、新デザインのフロントグリルやフロントバンパー、LEDリアコンビネーションランプなどの採用により、上質で洗練された印象を強めている。またスポーティなスパーダでは、LEDアクセサリーランプが内蔵された新デザインのフロントグリルや前後バンパーをエアロフォルムに変更するなど、存在感をより強調する意匠が与えられている。

室内では、1列目シートにウォークスルーを可能としながらも、使い勝手の良い折りたたみ式のセンターテーブルを装備。2列目には、キャプテンシートが新たに設定されるなど、ユーティリティ性能を向上。さらに、リンクアップフリーに対応したHondaインターナビ+ETC車載器が、一部グレードに採用されるなど、利便性も増している。

また、VSA(車両挙動安定化システム)や坂道発進時に役立つヒルスタートアシスト機能、全席3点式ELRシートベルトなどが全車に採用されるなど、安全性も高められた。

なお、この変更を機に新グレード、スパーダ Z・COOL SPIRITが追加されている。これは、中間グレードであるZをベースに、ダーククロームメッキのフロントグリルや17インチアルミホイール、室内には専用ステッチが施された本革巻きステアリングホイールやクールスピリット専用表皮を用いたシートを採用するスポーティな仕様となる。

価格はエントリーグレード、素のステップワゴン「G」の218万8000円から、スポーティなステップワゴン スパーダ「Zi」の347万2000円まで。エントリーグレードは従来モデルに対して10万円、最上級グレードは12万4000円の値上げとなっている。
グレードGスパーダ Z・COOL SPIRITスパーダ Zi
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4690×1695×1815
ホイールベース(mm)2855
車両重量(kg)160016601690
乗車定員(人)87/8
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)1997
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]193(19.7)/4200
JC08モード燃費(km/L)15.013.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)218.8279.6347.2
■発表日:平成24年4月5日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027