新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ステップワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ ステップワゴン【マイナーチェンジ】 / navi

(2012/04/05)

FF車に新開発のCVTを採用、クラストップの低燃費を実現

  • ホンダ ステップワゴン|ニューモデル速報
  • ホンダ ステップワゴン CVT|ニューモデル速報
↑マイナーチェンジを機に追加されたスポーツモデル、スパーダZ・COOL SPIRITS。右は新開発されたCVTで、アイドリングストップなどとあわせ、クラストップの低燃費を実現
5ナンバー2Lクラスの7/8人乗りミニバンとして、日産 セレナやトヨタ ノア/ヴォクシーと激しい販売台数争いを繰り広げているステップワゴンがマイナーチェンジを実施。FF車にクラストップの燃費性能が与えられた。なお、今回の変更はFFモデルに限られたもので、4WD仕様の変更は5月に発表が予定されている。

最大の変更点は、FF車全モデルに新開発のCVTやアイドリングストップシステムなどが採用されたことだ。これにより、2012年4月から施行される新エコカー減税において、クラス初となる全車75%減税に適合している。ちなみにベースモデルである「G」グレードのJC08モード燃費は15.0km/Lとなっている。

エクステリアは、新デザインのフロントグリルやフロントバンパー、LEDリアコンビネーションランプなどの採用により、上質で洗練された印象を強めている。またスポーティなスパーダでは、LEDアクセサリーランプが内蔵された新デザインのフロントグリルや前後バンパーをエアロフォルムに変更するなど、存在感をより強調する意匠が与えられている。

室内では、1列目シートにウォークスルーを可能としながらも、使い勝手の良い折りたたみ式のセンターテーブルを装備。2列目には、キャプテンシートが新たに設定されるなど、ユーティリティ性能を向上。さらに、リンクアップフリーに対応したHondaインターナビ+ETC車載器が、一部グレードに採用されるなど、利便性も増している。

また、VSA(車両挙動安定化システム)や坂道発進時に役立つヒルスタートアシスト機能、全席3点式ELRシートベルトなどが全車に採用されるなど、安全性も高められた。

なお、この変更を機に新グレード、スパーダ Z・COOL SPIRITが追加されている。これは、中間グレードであるZをベースに、ダーククロームメッキのフロントグリルや17インチアルミホイール、室内には専用ステッチが施された本革巻きステアリングホイールやクールスピリット専用表皮を用いたシートを採用するスポーティな仕様となる。

価格はエントリーグレード、素のステップワゴン「G」の218万8000円から、スポーティなステップワゴン スパーダ「Zi」の347万2000円まで。エントリーグレードは従来モデルに対して10万円、最上級グレードは12万4000円の値上げとなっている。
グレードGスパーダ Z・COOL SPIRITスパーダ Zi
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4690×1695×1815
ホイールベース(mm)2855
車両重量(kg)160016601690
乗車定員(人)87/8
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)1997
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]193(19.7)/4200
JC08モード燃費(km/L)15.013.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)218.8279.6347.2
■発表日:平成24年4月5日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027