新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ウィッシュ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ウィッシュ【マイナーチェンジ】 / navi

(2012/04/17)

内外装の変更と、燃費性能の向上を実現

トヨタ ウィッシュ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のサテンブルーマイカメタリックを含む全8色
スタイリッシュな低全高型コンパクトミニバンとして人気のウィッシュがマイナーチェンジを果たした。

エクステリアは、加飾が施されたフロントグリルやバックドアにより、スタイリッシュかつスポーティという従来型のイメージがより強調された。灯火類もLEDリヤコンビネーションランプ、サイドターンランプ付きドアミラーなどが採用される。また、一部グレードに新意匠のエアロバンパーやブラック塗装に切削光輝加工を施したアルミホイールが装備されるほか、フロントフォグランプに、メッキ加飾が施されるなど、よりスポーティなイメージが演出された。

室内では、一部グレードのセンタークラスターとパワーウインドウスイッチベースにカーボン調加飾を採用。ほかにもグレードごとに専用のシート表皮とメーター色が設定されるなどキャラクターの強調が図られている。

メカニズムの面では、上級グレードに車両のGセンサーから減速度や旋回力を判断し、コーナリング中の不要なシフトアップを抑制するG AI-SHIFT制御付のCVTスポーツモードが採用された。これは、より力強くダイレクトな加速の実現に貢献するものだという。

エンジンなどの改良により、燃費性能も改善された。1.8Lの2WD車は、JC08モードで15.8km/L、1.8Lの4WD車および2.0L車でも同14.4km/Lの低燃費を実現。これらにより、全モデルが新エコカー減税に適合している。

また、この変更を機に新グレード1.8Gと、人気のエアロ仕様である1.8Sの装備を厳選した1.8Aという2つのグレードが追加設定された。

価格は1.8Lエンジンを搭載するエントリーグレード、1.8Xの185万円から2Lユニットを搭載する最上級グレード2.0Zの251万円までとなる。全体的に従来型に比べて、若干の価格上昇となった。

グレード1.8X1.8A2.0Z
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4600×1695×15904600×1720×16004600×1745×1600
ホイールベース(mm)2750
車両重量(kg)135014501430
乗車定員(人)76
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)17971986
最高出力[kW(ps)rpm]105(143)/620096(130)/6200112(152)/6100
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]173(17.6)/4000161(16.4)/4000193(19.7)/3800
10・15モード燃費(km/L)16.614.415.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)185.0214.9251.0
■発表日:平成24年4月9日 ■取り扱い:ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027