新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 シーマ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 シーマ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/04/26)

歴代モデルの「圧倒的な走行性能」を継承
ハイブリッド専用車となったフラッグシップセダン

日産 シーマ|ニューモデル速報
↑日産のフラッグシップセダンとしてふさわしい車格感が追求された
コンセプト
高い動力性能と快適性、安全性
優れた環境性能を兼ね備える
日産のフラッグシップセダンとして、初代の発売以来、その時代ごとの最先端技術に支えられた優れた走行性能や先進技術を盛り込むことで、ユーザーの高い支持を得てきたシーマが、5代目へとフルモデルチェンジを果たした。シーマのDNAである「世の中に新しい価値を提案し、常にその頂点を極めてきた、日産最高峰セダン」像が追求されている。

新型では、3つのアピールポイントが設定される。1つは、シーマらしい車格感あるデザイン。2つ目は、走行性能と環境性能を高次元で両立したハイブリッド。3つ目は、圧倒的に広く、心地よい後席空間だ。アピールポイントにもあるとおり、パワートレインは、日産独自の3.5LのV6エンジン+1モーター2クラッチ方式の「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」を採用したハイブリッド専用モデルとなった。その結果、燃費性能はJC08モードで16.6km/Lというクラストップレベルの低燃費を実現している。全モデルが新エコカー減税の対象だ。
内外装
存在感のあるフロントマスク
ロングホイールベースによる広く快適な後席空間
エクステリアは、立体的なフレームをもった大型グリルや、メッキモールをあしらったバンパーなどによるフロントマスクにより、存在感をアピール。後輪駆動車ならではのロングノーズ、ショートデッキスタイルにより、伸びやかでエレガントなサイドビューが実現された。

インテリアにおける最大のポイントは、3mを超えるロングホイールベースにより、クラストップレベルの後席ニールームを実現したこと。装飾も柔らかい質感と自然な風合いを実現したセミアニリン本革シートは、クッションパッドに低反発ウレタンを採用。また、上級グレードには純銀粉を職人が手ですり込むという特殊加工により実現した銀粉木目フィニッシャーが採用されるなど、華やかで心地良いインテリア空間が演出されている。

装備面では、助手席パワーオットマン機構を採用。また、ショーファードリブンも想定される後席には、助手席パワーシートのポジション調節が可能な助手席コントロールスイッチや軽く閉めるだけで静かにしっかりとドアの閉じられるリアドアオートクロージャーが用意されるなど、最高級セダンならではの豪華装備が与えられる。
バリエーション
安全装備が充実
装備の違いによる3モデルを用意
安全面では、インテリジェントペダルやインテリジェントクルーズコントロール、車線逸脱防止システムであるLDP、トラクションコントロールを含む、車両制御システムのVDCなど、VIPセダンならではの安全装備を採用。

バリエーション展開は、ベーシックモデルとなるシーマハイブリッド。後席からオーディオ、エアコン、シートの操作などが調節できるリアセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチや後席のパワーリクライニングシート、ヒーター付シートなどが備わる、シーマハイブリッドVIP。前席ヘッドレストの後部に7インチVGAディスプレイが備わるBOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムなどが備わる最上級グレードのシーマハイブリッドVIP Gという3モデルが用意される。

価格は、エントリーモデル、シーマハイブリッドの735万円から、最上級グレード、シーマハイブリッド VIP Gの840万円までとなっている。
POINT
13mのロングホイールベース
FRらしい伸びやかなデザイン
日産 シーマ リアスタイル|ニューモデル速報
2職人による銀粉華飾が
華やかさを演出
日産 シーマ インパネ|ニューモデル速報
33mのロングホイールベース
後席空間はクラストップレベル
日産 シーマ シート|ニューモデル速報
41モーター2クラッチ方式による
日産独自のハイブリッドシステムを採用
日産 シーマ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードシーマハイブリッドシーマハイブリッド VIPシーマハイブリッド VIP G
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)5120×1845×1510
ホイールベース(mm)3050
車両重量(kg)19301950
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+モーター
総排気量(cc)3498
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(37.5)/5000
JC08モード燃費(km/L)16.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)735.0787.5840.0
■発表日:平成24年4月25日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027