新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Bクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Bクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/05/08)

新開発のパワートレインを採用し
6年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジ

Mベンツ Bクラス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のロータスブルーを含む全9色
コンセプト
コンセプトは「Play!」
毎日の生活を楽しく豊かに
Aクラスのロングホイールベース版として登場したBクラスが、新たなエンジン、トランスミッション、プラットフォームを手に入れ6年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジを果たした。ダイナミックなスタイリングに広い室内空間と優れた実用性を両立した多目的コンパクトカー像が目指されている。

コンセプトはシンプルに「Play!」。メルセデスならではの高級感をコンパクトに凝縮。インテリアの質感向上や新しい安全システムの採用、高い環境性能を採用することで、ふだんの暮らしをちょっと楽しく、ちょっと贅沢に、さらに豊かに変えていくことを目標に開発された。
内外装
ダイナミックなスタイリングのエクステリアに対し
室内は広い室内空間と優れた実用性能を両立
エクステリアは、大型化されたフロントグリルやダイナミックなサイドのキャラクターラインにより、スポーティな印象が強調されている。また、65mm低くなった全高と力強いホイールアーチの膨らみにより、ワイド&ローなスタイリングが演出された。さらに、空力性能も強化され、Cd値はクラス最高水準となるCd値0.26を達成している。

インテリアは、大きく立体的なトリムをあしらったダッシュボードや随所に用いた上質な素材によりスタイリッシュな室内空間となった。同社の最高級スポーツカーであるSLS AMGの流れをくむ丸型のエアアウトレットやサイドサポートの張り出しを強めたシートなどによりスポーティな雰囲気も表現。また、アンビエントライト、DIRECT SELECT(パドルシフト付)、パーキングアシストリアビューカメラが標準装備されることで、快適性も追求された。

メルセデス・ベンツならではの安全性能も最新のデバイスで高められている。コンパクトクラスでは世界初となるレーダー型衝突警告システム「CPA」を標準装備。これは、障害物や前走車と衝突する危険性がある場合に警告灯と警告音でドライバーに注意を喚起、さらに警告後にドライバーのブレーキ操作では十分な制動力が得られない場合にはアダプテイブブレーキアシストにより事故回避に必要な制動力を自動的に補うというもの。

ほかにも、ドライバーの疲労や注意力の低下を検知して注意を促すアテンションアシストや、高速でのコーナリング時などに、ハンドリングに違和感を与えることなく正確に車両姿勢を制御するトルクベクトリングブレーキなども標準装備される。
バリエーション
新開発の1.6L直噴直4ターボエンジンと
7速デュアルクラッチミッションを採用
エンジンは、最高出力:122ps/最大トルク:200N・mを発生する、新開発のオールアルミ製1.6L直噴直4ターボエンジンを採用。最新の直噴システムを用いたメルセデス・ベンツ独自の環境技術、BlueDIRECTテクノロジーや、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)などにより、JC08モードでの燃費は16.0km/Lと従来モデル比約19%の燃費向上を実現している。これらにより、75%のエコカー減税とエコカー補助金の対象となった。

トランスミッションには湿式多板クラッチを用いた新開発の7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)を採用。先述の通り、パドルシフトが装備されており、スポーティな走行にも対応している。

モデルバリエーションは、ベーシックなB180 ブルーエフィシェンシーと、バイキセノンヘッドライトや、LEDドライビングライト、本革巻スポーツステアリングなどが備わるB180 ブルーエフィシェンシー スポーツの2モデル。B180 ブルーエフィシェンシー スポーツには、オプションでメモリー付フルパワーシートや、ブラックアッシュウッドインテリアトリム。さらに、ラジエターグリル、前後バンパー、ウインドウライントリムに独自の意匠が与えられるナイトパッケージエクステリアなどがセットとなった仕様も用意される。

価格は、B180 ブルーエフィシェンシーの299万円から、B180 ブルーエフィシェンシー スポーツが348万円となっている。
POINT
1ワイド&ローなスタイルで
ダイナミズムを演出
Mベンツ Bクラス リアスタイル|ニューモデル速報
2最高級スポーツSLS AMGの
イメージも盛り込まれた
Mベンツ Bクラス インパネ|ニューモデル速報
3広い室内空間や
優れた実用性はそのまま
Mベンツ Bクラス シート|ニューモデル速報
4新開発のオールアルミ製
1.6L直噴直4ターボエンジン
Mベンツ Bクラス エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードB180ブルーエフィシェンシーB180ブルーエフィシェンシー スポーツ
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4365×1785×1540
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1450
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1595
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1250-4000
10・15モード燃費(km/L)16.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)299.0348.0
■発表日:平成24年4月25日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027