新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラアクシオ/フィールダー【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラアクシオ/フィールダー【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/05/11)

原点に立ち返ったカローラは
ボディをダウンサイズ化

トヨタ カローラアクシオ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のメローシルバーメタリックなどで、アクシオ/フィールダーともに7色をラインナップ
コンセプト
大人4人が安心・安全・快適に
長距離を移動できる最小の車像を実現
1966年の初代モデル誕生以来、常に時代の変化に応じた新しい価値を創造してきたトヨタを代表するコンパクトセダン、カローラアクシオと、そのワゴンモデルであるカローラフィールダーがフルモデルチェンジを果たした。今回の変更は、リーマンショック後の経済の沈滞、2011年の東日本大震災など、日本が置かれた厳しい状況、さらには自動車市場の高齢化、ダウンサイジングの波などを配慮したモデルチェンジになっている。

11代目となる新型(アクシオ)は「大人4人が安心・安全・快適に長距離を移動できる最小のクルマ」というカローラの原点に立ち返って、開発が進められた。このテーマは、カローラの46年におよぶ歴史において、根幹となるテーマだという。室内空間、荷室、スタイル、質感や装備、運転のしやすさ、走りと燃費、安全性能などが、ゼロから再構築された。
内外装
ダウンサイジングされた全長と
広く快適な居住性とを両立
エクステリアは、カローラの歴史では初となる外形サイズのコンパクト化が実施された。全長はアクシオで50mm、フィールダーでは60mm短縮されている。最小回転半径も従来型比-0.2mの4.9mを実現することで、取り回し性の向上が図られた。全長こそ、短縮されたものの、アクシオは、セダンらしいスタイリッシュなデザイン、フィールダーはアクティブさを表現。いずれもクラスを超えた車格感が追求された。

室内は、全長が短縮化されたにも関わらず、各所の寸法を徹底して見直すことで、広く快適な空間が確保される。後席乗員のニースペースは、従来型に比べてアクシオで+20mm、フィールダーでは+40mmの拡大に成功している。また、フロントピラーの形状やドアミラーの位置、フロントウインドウガラスの形状などを見直すことで、視覚的にもパノラミックで広々とした視界を実現。安心感や運転のしやすさも高められた。

インテリアデザインは、室内各部の立体にメリハリをつけることで、広がり感が表現されている。アクシオはセンタークラスターにピアノブラックの過飾を施すことで、質感の向上を。フィールダーは、ブラックの内装色とシルバー加飾を使って縦基調を見せることで、アクティブでパーソナルな空間が演出された。

フロントシートには、フィット感やホールド感に配慮された新形状のシートを採用。サイドサポートの張り出しや、腰にあたる部分の形状を最適化することで、長時間のドライブでも疲れにくい設計となっている。また、ラゲージルームは、アクシオが従来型比+12Lの471L。フィールダーは荷室長で従来型比+90mm、荷室容量は407L、後席を倒した場合は872Lという大容量を実現した。
バリエーション
アクシオには1.3Lモデルが復活
他1.5Lと1.8Lユニットを用意
新型では、燃費性能の向上はもちろん、走りの基本性能にも磨きをかけることで、軽快で心地よくドライブを楽しめる走行性能を追求したという。エンジンラインナップはアクシオが1.3Lと1.5L。フィールダーは1.5Lと1.8Lユニットが用意される。

1.3L吸排気にVVT-iが装備される実用性に優れた低燃費エンジン。1.5Lは従来型をベースに燃焼改善、低フリクション化が施され、軽快な走りと優れた燃費性能を両立。1.8Lは、可変バルブタイミング機構の見直しや、低フリクション化により、燃費向上と力強い動力性能が実現された。なお、1.5Lユニットのみ、駆動方式が2WDと4WDから選択可能だ。

価格は、エントリーモデル、1.3Lユニットを搭載するアクシオ「1.3X」の139万5000円から、1.8Lユニットのフィールダー「1.8Sエアロツアラ―」の212万円までとなっている。
POINT
1全長を短縮しながらも
高い質感を獲得した
トヨタ カローラアクシオ リアスタイル|ニューモデル速報
2広々感が表現された
紡鐘型のインパネデザイン
トヨタ カローラ インパネ|ニューモデル速報
3全長の短縮化を感じさせない
広大な室内スペース
トヨタ カローラ シート|ニューモデル速報
4フィールダーは上質かつスポーティ
ユーティリティ性能も高い
トヨタ カローラフィールダー 室内|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードアクシオ 1.3Xアクシオ 1.5LUXELフィールダー 1.5Xフィールダー 1.8S
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4360×1695×14604360×1695×15004360×1695×1465
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)1050109012101160
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)132914961797
最高出力[kW(ps)rpm]70(95)/600080(109)/600076(103)/6000103(140)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4000136(13.9)/4400132(13.5)/4400172(17.5)/4000
JC08モード燃費(km/L)20.620.016.016.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)139.5190.0178.4202.5
■発表日:平成24年5月11日 ■取り扱い:カローラ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027