新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レガシィB4/ツーリングワゴン/アウトバック【一部改良】 / navi

クルマニュース

スバル レガシィB4/ツーリングワゴン/アウトバック【一部改良】 / navi

(2012/06/01)

新世代ボクサー2L直噴ターボエンジンを採用

  • スバル レガシィ|ニューモデル速報
  • スバル レガシィ ボクサー2L直噴ターボエンジン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のディープシーブルーパールを含む全6色。右は新開発のボクサー2L直噴ターボエンジン
水平対向エンジンと4WDというスバルの血統を伝承する人気のミディアムサイズモデル、レガシィの一部改良が行われた。今回の改良では、「全性能進化」をコンセプトに、「デザイン」「環境・燃費」「走り」「安心・安全」の4つの要素の進化が図られた。

最大のトピックは、新グレード「2.0GT DIT」の追加設定だ。このモデルは、2Lの水平対向直噴ターボエンジンと従来型を改良した高トルク対応リニアトロニックを組み合わせ、専用の足回りやブルーを基調にした内外装デザインを織り込み、スポーティで上質な世界観を演出するハイパフォーマンスと環境性能を高い次元で融合させた。

内外装の変更に目を向けると、エクステリアはスバルアイデンティティを表現したヘキサゴングリルやヘッドランプ、ワイド感を強めたバンパーなどでフロントフェイスを一新。

アウトバックでは、スバルアイデンティティの表現に加え、より“力強さ”を強調した専用グリルとバンパー、大型フォグランプを採用し、アウトバックらしさとスバルSUVシリーズのフラッグシップとしての存在感を表現したとメーカーはうたっている。

室内では、インストルメントパネルの加飾パネルをダークメタリック調に変更。全体的にスポーティなイメージが与えられた。また、シート表皮は全モデル上質感のあるものに変更されている。

装備面では、電動パーキングブレーキやSI-DRIVEのスイッチの配置を見直すことで、操作性の向上が図られた。また、メーター中央に 3.5 インチのカラー液晶を採用し、エコドライブをアシストする燃費情報の表示や、EyeSight(ver.2) の動作状況を表示するマルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーターが採用された。

今回の改良では、2.5Lエンジンにも手が加えられている。従来型に対して、日常的に使用する中低回転域のトルクを向上させることで、軽い踏み込みでもレスポンス良く加速感が得られる軽快な走行性能と優れた燃費性能とのバランスが考慮された。CVTもパーツやレイアウトを最適化することで、軽量・コンパクトで優れた燃費性能を実現。さらに、レスポンスを向上させ、軽快な走りが演出される。また、インプレッサで採用されたアイドリングストップも展開されている。

価格は、セダンであるB4のエントリーグレード、2.5iの226万8000円から、3.6L水平対向6気筒エンジンを搭載するアウトバックの最上級グレード、3.6R アイサイトの372万7500円まで。エントリーグレードは若干の値上げ、最上級グレードは逆に小幅なプライスダウンとなっている。
グレードB4 2.5iツーリングワゴン2.0GT DITアウトバック 3.6R アイサイト
駆動方式4WD
トランスミッションCVT5AT
全長×全幅×全高(mm)4745×1780×15054790×1780×15354790×1820×1605
ホイールベース(mm)27502745
車両重量(kg)144016001580
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC水平対向4DOHC+ターボ水平対向6DOHC
総排気量(cc)249819983629
最高出力[kW(ps)rpm]127(173)/5600221(300)/5600191(260)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]235(24.0)/4100400(40.8)/2000-4800335(34.2)/4400
10・15モード燃費(km/L)14.013.210.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65プレミアム/65レギュラー/65
車両本体価格(万円)226.8359.1372.75
■発表日:平成24年5月8日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027