新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 NV350キャラバン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 NV350キャラバン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/06/15)

使い勝手をとことん突き詰めた
新世代の本格商用バン

日産 NV350キャラバン|ニューモデル速報
コンセプト
今回新たにつけられた二つ名
NV350は日産バン3.5トンクラスを表現
日産のフラッグシップバンモデルであるキャラバンが、新たにNV350の別名を掲げ、11年ぶりに5代目へと進化した。NVとは日産のバンであることを、350は3.5トンクラスであることを表現したものだという。次世代のビジネスバンユーザーのために、商用車の基本性能をさらに向上させながら、仕事だけでなく、趣味やレジャーなど幅広く多目的に使える、新世代の本格商用バンとして開発したという。

新型では、クラストップの低燃費がうたわれている。2Lガソリンエンジンの2WDモデル+5AT仕様は、JC08モード燃費で9.9km/L。ディーゼルエンジンを搭載する同仕様は、12.2km/Lという優れた数値を実現。平成27年度燃費基準もクリアしている。その結果、ガソリンの2.5Lエンジン搭載車を除く、2Lガソリン車、ディーゼル車はエコカー減税の対象となった。

従来型の3Lから2.5Lにダウンサイズされたクリーンディーゼルエンジンは、ユニットの小排気量化や可変ノズルが採用された小型ターボ、アイドル時の燃料低減(クールドEGRシステム)など、最新のクリーンディーゼルテクノロジーを用いることで、この数値を達成している。
内外装
堂々として存在感のあるエクステリア
すっきりとモダンなインテリア
エクステリアは、ホイールベースの延長とフロントオーバーハングの短縮化により、安定感のあるボクシーな プロポーションを実現。立体的なアングルドストラットグリルやシャープなヘッドランプにより、シャープで個性的、存在感のあるフロントフェイスが演出された。サイドビューも動的なイメージを感じさせるキャラクターラインやガラスでカバーされたCピラーなどにより、すっきりしたモダンなデザインに仕上がっている。

インテリアは、黒とグレーの2トーンコーディネーションによる2段構成により、水平基調が強調されたインストルメントパネルのデザインに目を奪われる。これは限られた空間の中で横方向への広々感を表現したものだという。ステアリングフィニッシャーやインストシフト、空調ダイヤルなどにあしらわれたシルバーやメッキの加飾により、上質な運転空間が演出された。

バンにとって最も重要な荷室も広くて使い勝手の良い空間が目指されている。限られた4ナンバー枠の中で、最大荷室長は3050mm(バン プレミアムGX5人乗り)を実現。5:5の分割可倒式シートなどにより、長尺物も積載可能だ。また、収納棚や工具などを簡単に固定できるラゲッジサイドユーティリティナットや、上面を平らにすることで棚などを設置しやすいホイールハウスなど、使い勝手も配慮されている。

装備面においても、一部グレードにインテリジェンスキーやプッシュエンジンスターター、車両情報カラーディスプレイなど、従来の商用車にはない先進のものが与えられた。また、A4サイズのPCが収納可能なアームレスト機能付き大容量センターコンソールボックスや足踏み式パーキングブレーキ(AT車)など、プロの仕事をサポートする数々の利便装備を搭載することで、運転中や乗降時のストレス軽減が図られた。さらにオプションで、キセノンヘッドライト&LEDポジションランプやバックビューモニターなども用意される。
バリエーション
4ナンバー/1ナンバーのバンと
3ナンバーのワゴンモデルを用意
ボディバリエーションは、ロングボディの4ナンバー商用バンと同仕様の3ナンバーワゴン、ハイルーフ&スーパーロングボディの1ナンバー商用バンと同仕様の3ナンバーワゴンが用意される。組み合わされるエンジンは、4ナンバーバンが2Lのガソリンとディーゼル、1ナンバーバンは2.5Lガソリンとディーゼル、ワゴンモデルは全車2.5Lのガソリンエンジンとなる。

また、オーテックジャパンによるスポーティなライダーシリーズや、アンシャンテ送迎タイプ、車いすを積載できるチェアキャブ仕様なども用意される。ボディバリエーションは多彩だ。

価格は、バンの4ドア/3人乗り/ガソリン/2WD/5MTのDXの189万4200円から、バンの5ドア/5人乗り/ディーゼル/4WD/5ATのプレミアムGXの351万1200円までとなっている。
POINT
1すっきりとしながらも
動的なイメージを演出
日産 NV350キャラバン スタイル|ニューモデル速報
22トーンカラーで
水平基調が強調されたインパネ
日産 NV350キャラバン インパネ|ニューモデル速報
3広くて使いやすい
バンならではの荷室空間
日産 NV350キャラバン 室内|ニューモデル速報
4最新技術が盛り込まれた
2.5Lクリーンディーゼル
日産 NV350キャラバン ディーゼルエンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードロングDXバンロングDXバンスーパーロングDXバンハイルーフロングDXワゴンスーパーロングGXワゴンハイルーフ
駆動方式FR4WDFR
トランスミッション5MT5AT
全長×全幅×全高(mm)4695×1695×19905080×1695×22854695×1695×19905080×1695×2285
ホイールベース(mm)2555294025552940
車両重量(kg)16801840210018601980
乗車定員(人)333/6/910
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ直4DOHC
総排気量(cc)19982488
最高出力[kW(ps)rpm]96(130)/560095(129)/3200108(147)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]178(18.1)/4400356(36.3)/1400-2000213(21.7)/4400
JC08モード燃費(km/L)10.413.211.49.18.9
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65軽油/65レギュラー/65
車両本体価格(万円)189.42 248.955 286.755-303.03243.6320.565
■発表日:平成24年6月15日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027