新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン DS5【新型車】 / navi

クルマニュース

シトロエン DS5【新型車】 / navi

(2012/06/27)

フレンチラグジュアリーを具現化
個性的かつ独創的な「DSライン」の第3弾

シトロエン DS5|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のノアールベルラネラを含む全6色
コンセプト
GTとステーションワゴンを融合させたエクステリア
フレンチラグジュアリーを具現化したインテリア
シトロエン社における個性的かつ独創的な「DSライン」は、2010年5月にBセグメントのDS3、2011年9月にCセグメントのDS4が日本デビューを果たした。このDSラインの第3弾にあたるモデルが、DS5だ。なお、DS5はシトロエンDSラインのトップグレードにあたる。

2005年ドイツ・フランクフルト モーターショーにて発表されたシトロエンのコンセプトカー「C-スポーツラウンジ」の先進的なデザインと新しいジャンルを作り出すというコンセプトを受け継ぎ、さらに磨きがかけられた。
内外装
伸びやかさと躍動感が表現されたエクステリア
室内は、高い質感と解放感を両立
エクステリアは、クーペのような滑らかなスタイルをもち、グランツーリスモとステーションワゴンを融合させた独特の個性を表現するフォルムを実現。これまでのジャンルの概念を超えたまったく新しいスペシャリティセダンとして新たなカテゴリーを創造することを目的としている。

ボディデザインの大きな特徴が、ヘッドライトの先端からフロントガラス側面へと長く伸びるサーベルラインだ。一体成型で高級感あふれるクローム仕上げのラインは光に反射して輝きを放ち、遠くからでもひと目でDS5だとわかる強いインパクトが与えられた。

インテリアは、高級感あふれる空間が演出される。それぞれのデザイン、素材のレベルを高め、上質感と機能性に徹底的にこだわったという。なかでも、車内の雰囲気を高めているのは、シート。特に最上位のオプションとして設定されるクラブレザーシートは「ウォッチストラップ」という腕時計のベルトをモチーフにしたデザインとドイツ・バイエルン産の最高級雄牛革が使用され、これまでの車のシートを超えた優れた上質感が実現されている。

「DS5」独特の雰囲気を作り出すグラスルーフ、「コックピット・ルーフ」もポイントだ。運転席、 助手席、後席に3分割されたグラスルーフは、それぞれにサンシェードを装備。ルーフコンソールのスイッチで開閉でき、取り込む光を調節することができる。
バリエーション
エンジンは、1.6LのDOHCターボ
高い安全装備も標準装備
エンジンは、シトロエン各モデルに採用される1.6LのDOHC+ツインスクロールターボ。組み合わされる6速ATは、リニアでダイレクトなドライブフィールとスムース感を実現。ドライビングの楽しさと同時に、徹底した高効率化と省燃費テクノロジーによって燃費の良さも両立させている。

日本専用装備として、サイド&バックカメラが採用された。これは、ルームミラー内に3.2インチのモニターを配し、サイドカメラとバックカメラの映像を映し出すというもの。イグニッションをオンにすると、モニターには左ドアミラーに取り付けられたサイドカメラの映像が映り、シフトレバーをリバースに入れたときにはバックカメラの映像を映し出すことで、ドライバーは死角となるスペースの安全を確認することができる。

最新のセーフティテクノロジーも搭載された。欧州の安全基準テスト、EURO NCAPで最高評価の5つ星を獲得。6エアバッグをはじめ、ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)や、障害物を検知するフロント&バックソナー、夜間のコーナリングの際に進行方向を照らすバイキセノンディレクショナルヘッドライトなど、高い安全性が実現された。

モノグレード展開だが、シート表皮が3種類用意される。価格は標準シート仕様が400万円。レザーシート仕様は425万円、最高級のクラブレザーシート仕様は445万円。なお、発売は2012年8月1日からとなる。
POINT
1GTとステーションワゴンを融合
ルーフラインはクーペのイメージ
シトロエン DS5 リアスタイル|ニューモデル速報
2航空機の操縦席から
ヒントを得たインパネ
シトロエン DS5 インパネ|ニューモデル速報
3室内の高級感を演出する
オプションのクラブレザーシート表皮
シトロエン DS5 シート|ニューモデル速報
4独自の室内を表現する
3分割のコックピット・ルーフ
シトロエン DS5 コクピット・ルーフ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードDS5
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4535×1870×1510
ホイールベース(mm)2725
車両重量(kg)1550
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500
JC08モード燃費(km/L)11.3
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)400.0
■発表日:平成24年6月19日 ■取り扱い:シトロエン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027