新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N BOX+【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ N BOX+【新型車】 / navi

(2012/07/05)

軽最大級の広さを生かし、
日本の「遊び」を変える軽ワゴン

ホンダ N BOX+|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の2トーン仕様3種類、単色7色を用意
コンセプト
N BOXの広大な室内スペースを
積載性に生かす遊びごころのあるワゴン
ホンダが、独自のセンタータンクレイアウトと、従来より70mm短縮されたミニマムエンジンルームを核とした、新世代の革新的なNプラットフォームによる軽自動車であるN BOXをリリースしたのは、2011年11月のこと。このN BOXの広さを生かした、より遊びごころのある車、もっとワクワクする乗り物を目指して開発されたモデルが、N BOX+(プラス)だ。

レンタル農園や車中泊旅行など、ライトなレジャースタイルに応える車像が追求されている。重い道具でも楽に搭載できる斜めの床や、大人2人が足を伸ばして寝ることができるフラットなベッドモードを実現。「いろいろつめる」「のびのびとまれる」「らくらくのせられる」がテーマとされた。
内外装
内外装はN BOXを継承
様々な工夫が凝らされた荷室
内外装は、N BOXのデザインを継承している。広大な室内を想像させる超スクエアフォルムにより、軽自動車とは思えない存在感を演出。新たに遊びごころに満ちた2トーンカラーが3種類用意されている点がトピックだ。室内では、ワイド感を強調する横基調のインパネデザインによる高い質感などもN BOXに準拠している。ただし、シートと荷室まわりは、様々なアクティブライフに応えるべく、大幅に変更が施された。

N BOXに対して、後席を前方に配置することで、荷室スペースを稼ぎだしている。ただし、後席もフィットと同等のひざ回り空間は確保したという。その結果、荷室長はN BOX比+215mmの630mmを実現。テールゲートの開口地上高もN BOXに対して150mm下げられた。これにより、重い荷物を高く持ち上げることなく、楽に積み降ろしすることが可能になった。

十分な強度をもつ大小2つのマルチボードとエンドボードを組み合わせるマルチスペースシステムで、多彩な荷室スペースを実現。ボードの取り付け位置を変えることで、荷室高1140mmを実現する下段モード。上下2段の荷室を作りだせる上段モード。リア席を畳んでフラットな荷室を実現するフラットモード。すべてのボードを外したスロープモード。さらに、大人2人の車中泊を可能にするベッドモードにも対応している。

マルチボードを設置していない状態では、荷室の床は斜めになる。ディーラーオプションのアルミスロープを組み合わせれば、バイクなどの重い道具も楽に積み降ろしができる。
バリエーション
エンジンはNAとターボ仕様の2種類
ノーマルモデルとカスタムモデルを用意
エンジンは、クラストップの高出力/高トルクを実現した660ccの直3DOHCと同ターボの2種類。組み合わされるトランスミッションは、どちらもCVTとなる。アイドリングストップシステムやエンジンとミッションを低燃費モードに制御するECONモードなどにより、高い環境性能も備えられる。

ボディデザインはN BOXと同様に、軽自動車のクオリティを超えた存在感と充実感を表現するノーマルモデルと、3眼デザインのヘッドライトやメッキグリル、専用バンパーなどにより、圧倒的な存在感と上質感で個性を際立たせたカスタムモデルが用意される。

価格は、エントリーモデル、ノーマルタイプのNAエンジン仕様でFFの「G」の135万円から、カスタムのターボエンジン+4WD仕様「Gターボパッケージ」の187万円までとなっている。
POINT
1N BOXのデザインを継承しながら
さらなるユーティリティ性能を追求
ホンダ N BOX+ リアスタイル|ニューモデル速報
2ワイド感を強調するインパネは
N BOXのデザインに準拠
ホンダ N BOX+ インパネ|ニューモデル速報
3拡大された荷室長により
積載性を大幅に向上
ホンダ N BOX+ シート|ニューモデル速報
4圧倒的な存在感と精悍さが
表現されたカスタム仕様
ホンダ N BOX+カスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードN BOX+GN BOX+G LパッケージN BOX+GターボパッケージN BOX+カスタム Gターボパッケージ
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17803395×1475×18003395×1475×17803395×1475×1800
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)980104010101060
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/600043(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/260065(6.6)/3500104(10.6)/2600
JC08モード燃費(km/L)21.220.619.418.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35レギュラー/30レギュラー/35レギュラー/30
車両本体価格(万円)135.0158.0159.0187.0
■発表日:平成24年7月5日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027