新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ポルテ/スペイド【フルモデルチェンジ/新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ ポルテ/スペイド【フルモデルチェンジ/新型車】 / navi

(2012/07/23)

誰もが笑顔になる使い勝手の良さを追求
大開口ドアが特徴のコンパクトハッチバック

トヨタ ポルテ|ニューモデル速報
↑ポルテのボディカラーは写真の新色エアグリーンパールクリスタルシャインを含む全8色。新登場の兄弟車、スペイドも8色を用意
コンセプト
「安心・快適・使い勝手 No.1」がキーワード
あらゆるユーザーニーズに応える車づくり
全長4mに満たないスモールサイズながら、助手席側に大型のスライドドアを備えることで、乗降性や利便性の高さを追求したユニークなコンパクト2ボックス、ポルテが8年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジを果たした。また、このモデルチェンジを機に、クールなスタイルに遊び心をおしゃれにあしらった兄弟車、スペイドが新たにデビュー。

ユーザーがいつも「楽ちんで、楽しい!」と感じられるよう、さまざまなユーザーの使用シーンを想定。「安心感・快適性・使い勝手のよさ」が追求された。また、ユーザーにとって「他人と少し違うこと=Only One」の車となるべく、ユーザーの要望や感性に応える選べる嬉しさを実現。スペイドが追加されたことも、その一環となる。ポルテ/スペイドそれぞれで、シート仕様別に構成されたグレード体系、テーマ別に設定された、制約なく装着できるセレクトパッケージなどを用意することで、欲しいデザインや装備が、予算に応じて選べるように設定されている。
内外装
助手席側の大開口スライドドアを継承
多彩なシートアレンジによる利便性の高い室内
エクステリアは、特徴的だった助手席側の大開口スライドドアを継承。運転席側には前後にスイングドアが採用された。ポルテのデザインテーマは「リラックスクリーン」。シンプルで機能的かつ親しみやすさが追求された。モチーフとなるポイントは、直線と円弧を合わせた「スクエアオーバル」形状。ヘッドランプやグリル,立体的なリアの造形にこの長円形デザインが用いられることで、優しさや心地よさ、安心感が演出される。

新登場のスペイドは、シンプルで機能的かつ親しみやすいデザインが目指された。デザインキーワードは「クールメカニカル」。サイドのキャラクターラインをヘッドランプまで連続させる水平基調のフロントフェイスや、張り出された前後バンパーおよび、灯火類のデザインによりワイドで低く構えた、かっこよさが表現されている。

インテリアは、空間の広がり心地よさを肌で感じられるデザインが追求された。室内も長円形の「スクエアオーバル」モチーフを随所に採用することで、実寸法としての広さに加え、視覚的な工夫や親しみやすさが盛り込まれた。室内色は暗色系のシックなプラムと、親しみやすさを表現したフロマージュの2色が用意される。

この車のテーマでもある使い勝手も秀逸。フロア地上高300mmの低床かつフラットなフロア(2WD車)や、開口幅:1020mm/開口高さ:1250mmという大開口のワイヤレス電動スライドドアなどにより、お母さんがベビーカーごと乗り込み、車内で乳幼児をチャイルドシートに移乗させることも可能だという。また、助手席シートのロングスライドなど、テーブルにもなる助手席シートバックなどによる多彩なシートアレンジを実現。収納スペースも数多く用意される。
バリエーション
エンジンは、1.3Lと1.5Lの2種類
1.5L車には4WD仕様も用意される
エンジンは、低中速域での豊かなトルクと高速域での豪快な加速を実現する、可変バルブタイミングが吸排気ともに備わるデュアルVVT-iが採用された1.3L。燃焼改善と低フリクション化が施された1.5Lの2種類が用意される。駆動方式は1.3L車はFFのみで、1.5L車はFFとスイッチ操作で2WDと4WDを選択できるアクティブコントロール4WD仕様も用意される。組み合わされるトランスミッションは、CVTとなる。

エントリーグレードである1.3LのVグレードをのぞく、他グレードにはアイドリングストップ機構を採用。信号待ち等でのエンジン停止中でもオーディオは使用可能になっている。

シートタイプはグレードにより、セパレート/ベンチ/セパレート(撥水タイプ)/セパレート(快適温熱タイプ)から選択できる。また、ナノイーやスーパーUVカットガラス、スマートエントリーなど多彩なパッケージオプションが用意された。これらを組み合わせることで、ユーザーの好みにあったモデルをつくりあげることも可能だという。

価格は、エントリーモデル、1.3L車でFFの「V」の145万円から、1.5L車で4WD仕様の「G」の191万円まで。新型車のスペイドも同じく「V」の145万円から「G」の191万円までとなっている。
POINT
1運転席側は前後2枚ドア
助手席側は大型のスライドドアを採用
トヨタ ポルテ リアスタイル|ニューモデル速報
2シックなプラム(写真)と
明るいフロマージュの2色を用意
トヨタ ポルテ インパネ|ニューモデル速報
3高い利便性を実現する
多彩なシートアレンジが魅力
トヨタ ポルテ シート|ニューモデル速報
4新たに追加されたスペイドは
クールかつスタイリッシュ
トヨタ スペイド|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGFYXXVGFYX
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3995×1695×16903995×1695×1720
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)11501160114011101100123012401230
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)149613291496
最高出力[kW(ps)rpm]80(109)/600070(95)/600076(103)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]136(13.9)/4800121(12.3)/4000132(13.5)/4400
JC08モード燃費(km/L)19.019.618.416.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)174.0164.0159.0155.0145.0191.0181.0177.0
■発表日:平成24年7月23日 ■取り扱い:ポルテ トヨタ店、トヨペット店/スペイド カローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027