新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ミラージュ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

三菱 ミラージュ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/08/01)

三菱のグローバルコンパクトカー
ガソリンエンジン登録者トップの低燃費を達成

三菱 ミラージュ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のレモネードイエローメタリックを含む全8色
コンセプト
コンパクトカーに求められる普遍的価値
「低燃費」「低価格」「コンパクト」を追求
三菱自動車が世界戦略車として、2011年のジュネーブショーや同年の東京モーターショーでコンセプトを公開してきたコンパクトハッチバックが、ミラージュとなって発売された。コンパクトカーに求められる普遍的価値である「低燃費」「低価格」「コンパクト」を追求し、「先進国における環境対応車」と「新興国におけるエントリーカー」というニーズを両立させたグローバルコンパクトカーに仕立てられている。

生産拠点は、東南アジアのタイ。現地では、2012年3月から販売を開始しており、早くも燃費ナンバー1のエコカーとして高い評価を獲得しているという。今後はアセアン諸国、日本に投入した後、欧州、豪州、北米などへ順次展開する。
内外装
空力も考慮されたシンプルな造形の外観
前方視界や開放感が演出された室内
エクステリアは、誰からも親しみやすい優しいフロントフェイスが目指された。全体的に張りのある豊かな面をもったシンプルな造形としながら、流体解析や風洞実験により、各部に空気抵抗低減のための最適な造形が盛り込まれている。その結果、Cd値はクラストップレベルの0.27(Eグレードを除く)を実現。

また、ベルトラインをフロントの低い位置からリアに向かって、キャラクターラインとともに切り上げることで、前方および側方ともに良好な視界が確保される。このデザイン処理は、エクステリアに躍動感を与える効果も狙ったものだという。

インテリアは、水平基調のインパネデザインを採用。前方正面から左右へと大きく円弧を描くラインにより広がり感が表現された。また、上部をシンプルな造形にすることで、前方視界に配慮しつつ、開放感が演出されている。さらに、ピアノブラック調のセンターパネルをアクセントとして採用するなど、上質な印象も盛り込まれる。

室内は、エンジンルームを極力コンパクトにして、乗員空間を最大限に確保する高効率パッケージが採用された。これにより、従来のコンパクトカーよりもひと回りコンパクトなボディサイズながらも、大人5名に十分な居住空間と日常で不足のない荷室容量が実現される。
バリエーション
軽量化されたボディと1Lエンジンで
JC08モード:27.2km/Lという低燃費を実現
車体は、ボディ構造の最適化や広範囲におよぶ高張力剛板の採用により、軽量ボディが実現された。エンジンは、吸気側に可変バルブタイミング機構が組み込まれた小型&軽量な1Lの3気筒エンジンを採用。一部グレードには、アイドリングストップ機構である「オートストップ&ゴー」や減速エネルギー回生システムなどのエコサポート技術が盛り込まれる。組み合わされるトランスミッションは、CVTとなる。このユニットは、ガソリンエンジン登録車でトップというJC08モード燃費:27.2km/Lを達成している。

グレードは、基本装備の「E」、実用装備の「M」、快適装備の「G」という3タイプが用意される。前述の「オートストップ&ゴー」などが採用されるのは「M」「G」となる。また、エアロパッケージや、メッキパーツによる「クロームパッケージ」など豊富なオプションも用意された。

価格は、エントリーモデル「E」の99万8000円から、最上級グレードである「G」の128万8000円までとなっている。
POINT
1シンプルな造形ながらも
高い空力性能を獲得
三菱 ミラージュ リアスタイル|ニューモデル速報
2開放感と前方視界に貢献
水平基調のインパネデザイン
三菱 ミラージュ インパネ|ニューモデル速報
3高効率パッケージにより
十分な居住空間を実現
三菱 ミラージュ シート|ニューモデル速報
41L直3エンジンを採用
上級車にはアイドリングストップも
三菱 ミラージュ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードEMG
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3710×1665×1490
ホイールベース(mm)2450
車両重量(kg)860870
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)999
最高出力[kW(ps)rpm]51(69)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]86(8.8)/5000
JC08モード燃費(km/L)23.227.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35
車両本体価格(万円)99.8118.8128.8
■発表日:平成24年8月1日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027