新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサSTI 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサSTI 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2007/10/29)

専用開発の装備+新パッケージで
意のままに操る愉しさを実現した

スバル インプレッサSTI
↑ヘッドライトは鷹の目をモチーフとしたデザイン。フロントバンパー左右とフェンダー後端にはエンジンの熱を逃がすスリットも配置
コンセプト
操る悦びはもちろん所有する悦びも追求
インプレッサをベースに、STI(スバルテクニカインターナショナル)がチューニングを行う4WDスポーツモデル。第3世代は5ドアハッチバックとなった現行モデルをベースに、走行性能はもちろん、オーナーに所有する悦びを与えるために、プレステージ性にもこだわり開発されたという。専用ワイドボディには専用開発されたエンジンやサスペンション、4WDを制御するマルチモードDCCDといった最新技術など、すべての装備で“意のままに操る愉しさ”が追求されている。また、歴代モデル同様にWRC(世界ラリー選手権)でも活躍すべく、’08年取得を目指しグループN公認申請も行われる。
バリエーション
専用ワイドボディに水平対向ターボ+MT
水平対向ツインスクロールターボエンジンに6MTを組み合わせたモデルのみが用意される。
エンジンは吸排気系の効率向上、ターボの最適化など徹底的に磨かれた。走行特性が選択できるSIドライブ、前後トルク配分を制御するDCCDや走行安定性を補助するVDCなどの最新技術も採用。また、軽量化された高剛性ボディ、ホイールベースやトレッドは拡大させつつオーバーハングを短縮、エンジンをより低い位置に搭載するなどの改良も行われている。
内外装
走りを追求したすべてのデザイン
走りのためのデザインを追求したという外観。空力性能を重視し、大型リアルーフスポイラーをはじめとするエアロパーツが装着された。そのエアロパーツや大きく張り出したフェンダー、リアエンドへ続くキャラクターラインでスポーティさを強調する。フェンダーにはSTIモデルの証である伝統のチェリーレッドのロゴも付く。黒とシルバーを基調とした室内も機能的なデザインとされた。前席にはアルカンターラとレザーを使ったバケットタイプを採用する。
POINT

[1]5ドアパッケージングで
   スポーツモデルの理想を追求
スバル インプレッサSTI リアスタイル

[2]徹底的に磨かれた
    水平対向エンジン+6MT
スバル インプレッサSTI 走行シーン

[3]走りに集中できる環境をもたらす
   スポーティで機能的なインテリア
スバル インプレッサSTI インパネ

[4]戦闘力を最大限引き出す
    STI専用技術を多数採用
スバル インプレッサSTI DCCD

グレード 2.0 WRX STI
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4415×1795×1475
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1480
乗車定員(人) 5
エンジン種類 水平対向4DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力[kW(ps)rpm] 227(308)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 422(43.0)/4400
10・15モード燃費(km/L) 10.4
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/60
車両本体価格(万円) 365.4
発表日:平成19年10月25日 取り扱い:スバル店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027