新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーリス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーリス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/08/20)

初代の「直感性能」をさらにブラッシュアップ
スポーツハッチバックとして登場した2代目

トヨタ オーリス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のアバンギャルドブロンズメタリックを含む全7色
コンセプト
テーマは「スマートダイナミズム」
スポーツと実用性を両立
フォルクスワーゲン ゴルフなどライバルの多い欧州Cセグメント市場で鍛えあげられたハッチバックモデル、オーリスが2代目へフルモデルチェンジした。初代が掲げたコンセプト「直感性能」はさらに磨きがかけられた。「スマートダイナミズム」のテーマのもと、走りを予感させるダイナミックなエクステリアに、居住性や荷室スペースといった機能性をスマートに融合させている。

低く構えたスポーティでエモーショナルなスタイルと運動性能を両立させるパッケージで、上級車に匹敵する高いハンドリング性能と静かで滑らかな乗り心地を実現したという。
内外装
外観はダイナミックかつスポーティ
室内は上質感とスポーティさを両立
エクステリアは走りを予感させるスタイルを追求。ダイナミックで躍動的なデザインと機能的合理性との融合が図られた。全高を下げた低重心なパッケージを活かし、ハッチバックならではのきびきびとした走りを感じさせる力強い躍動感を表現。独自のフロントフェイス「キーンルック」に、シャープなキャラクターラインや連続した面の造形を組み合わせることで、大胆でスポーティな雰囲気を身にまとっている。

インテリアは、操作性や居住性等の機能と大胆な造形をスマートに融合することで、開放感とスポーティさを兼ね備えた空間が目指された。横基調のインパネにより広がり感を強調しつつ、運転席はほどよくタイトな空間に操作系をまとめることでスポーティさが演出されている。質感も追求されており、乗り込んだ瞬間に走りを予感させる仕上がりだ。

パッケージングも進化しており、2600mmのホイールベース、1830mmの室内長を生かし、後席でも大人がゆったりと座れるスペースが用意されている。ラゲージスペースは奥行きが従来型より50mm拡大。クラストップレベルの360Lという容量が与えらている。
バリエーション
エンジンは1.5Lと1.8Lの2種類
MT採用のスポーティなRSも用意
エンジンは熱効率や低フリクション化技術が盛り込まれた新開発の1.5Lと、吸排気のバルブタイミングや1.5L同様に低フリクション化が図られた1.8Lの2種類。1.5LのFF仕様はアイドリングストップを採用。一段の低燃費を実現している。組み合わされるミッションはCVT。なお1.5L車のみ4WDも選択できる。

1.8L車は、リアサスペンションに走りの楽しさと快適な乗り心地を高次元で両立させるダブルウィッシュボーン式を採用。ステアリングの設定もクイックになり、ダイレクト感あるきびきびとした走りが売り。トランスミッションはCVTに加えローギアードの6速MT仕様も用意される。MTを採用するRSグレードは、リアディフューザーやエキゾーストテールパイプ、専用スポーツシートなど、新型のイメージをけん引するスポーツ仕様に仕立てられている。

価格は、1.5LでFFのエントリーモデル「150X」の179万円から、1.8L車の最上級グレード、6速MTを採用するスポーティな「RS Sパッケージ」の225万円までとなっている。
POINT
1スポーティかつダイナミックな
走りを予感させるスタイル
トヨタ オーリス リアスタイル|ニューモデル速報
2機能性と大胆な造形を
スマートに融合させたインテリア
トヨタ オーリス インパネ|ニューモデル速報
3大人がゆったりと座れる
広い後席空間も確保された
トヨタ オーリス シート|ニューモデル速報
4従来型比+50mm
ラゲージスペースも充実
スバル ステラカスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード150X150X Sパッケージ180GRS Sパッケージ
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT6MT
全長×全幅×全高(mm)4275×1760×14604275×1760×14804275×1760×1460
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)1220130012801270
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)14961797
最高出力[kW(ps)rpm]80(108)/600077(105)/6000105(143)/6200106(144)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]136(13.9)/4800135(13.8)/4400173(17.6)/4000180(18.4)/3800
JC08モード燃費(km/L)18.216.416.014.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/50プレミアム/50
車両本体価格(万円)179.0216.9206.0225.0
■発表日:平成24年8月20日 ■取り扱い:ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
3
up
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
4
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
5
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
6
up
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
7
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
8
down
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
9
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
10
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027