新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ S6/S6アバント/S7スポーツバック/S8【フルモデルチェンジ/新型車】 / navi

クルマニュース

アウディ S6/S6アバント/S7スポーツバック/S8【フルモデルチェンジ/新型車】 / navi

(2012/08/28)

スポーティなSシリーズを一斉に刷新

  • アウディ S6アバント|ニューモデル速報
  • アウディ S7スポーツバック|ニューモデル速報
↑ノーマルモデルより、スポーティなSシリーズが一斉に刷新された。写真は左からS6アバント、S7スポーツバック
アウディが誇る最新のテクノロジーを搭載し、圧倒的なパフォーマンスと環境性能とを両立させる先進のエンジン、独自の4WDシステム、クワトロを搭載したスポーティなSシリーズが一斉に刷新された。新しいモデルは、アッパーミドルクラスのA6をベースとするS6/S6アバント。アーチのような弧を描くルーフラインと実用的なハッチバックを備える5ドアクーペモデルA7スポーツバックをベースとするS7スポーツバック。フラッグシップセダンA8をベースとするS8の3クラス4モデルになる。

今回の変更の肝となるのはエンジン。全車とも従来型の5.2L V10エンジンから4LのV8ツインターボへとダウンサイジングが図られた。一定の走行条件において、8気筒のうち4気筒を休止させるシリンダーオンデマンドシステムを採用。また、アイドリングストップ機構やエネルギー回生システム、アルミを使った軽量ボディを採用することで高性能かつ高効率を実現したという。

S6/S6アバントは最高出力:420psを発生する4.0TFSIエンジンと7速Sトロニックとの組み合わせで、専用チューニングが施されたアダプティブエアサスや、後輪左右の駆動力を路面状況に応じて変化させるスポーツデフ、車速に合わせてギア比を変化させるダイナミックステアリングなど、優れた運動性能を実現するための機能が数多く採用される。

S7スポーツバックは、S6と同様のパワートレインを採用。専用のSスポーツシートや20インチの専用アルミなど、スポーツ性能を高める装備はもちろん、スピーカーから逆位相の音を発することで騒音を低減するアクティブノイズキャンセレーションや、BOSE社製のサラウンドサウンドシステムなどにより、高いコンフォート性能も与えられている。

フラッグシップのS8は、最高出力:520psに高められた4.0TFSIエンジンと8速ティプトロニックを採用することで、パワフルでありながらもスムーズな走行性能を実現。ホールド性と利便性とを両立させるコンフォートスポーツシートや、専用チューニングされたアダプティブエアサス、21インチの専用アルミなどが標準装備される。

価格は、S6セダン/アバントが1180万円/1210万円。S7スポーツバックは1224万円。S8は1580万円となる。
グレードS6S6アバントS7スポーツバックS8
駆動方式4WD
トランスミッション7AT8AT
全長×全幅×全高(mm)4930×1875×14454940×1875×14754990×1910×14205145×1950×1455
ホイールベース(mm)291029152995
車両重量(kg)2020206020702080
乗車定員(人)545
エンジン種類V8DOHC+ターボ
総排気量(cc)3992
最高出力[kW(ps)rpm]309(420)/5500-6400382(520)/5800-6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]550(56.1)/1450-5200650(66.3)/1750-5500
JC08モード燃費(km/L)9.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/75プレミアム/90
車両本体価格(万円)1180.01210.01224.01580.0
■発表日:平成24年8月27日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
商品改良で新たなパワートレインを手に入れたCX-5&CX-8は、どんな走りを見せてくれるのか?(2018/11/17)
燃費、静粛性の向上も、本格オフローダー魂健在の新型ラングラーに乗った(2018/11/08)
わずか4年でフルモデルチェンジを迎えた新型X4。ステアリングを握っているだけで楽しい部分が湧き出してくる(2018/10/29)
待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル(2018/10/18)
ノートにeーPOWER NISMOを超える韋駄天モデル“NISMO S”が追加(2018/10/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027