新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ジムニー【スクープ!】 / navi

クルマニュース

スズキ ジムニー【スクープ!】 / navi

(2012/08/30)

調査報告書 2012年8月
File No.142

スズキ ジムニー

※2012年8月30日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

スズキ ジムニー予想イラスト|ニューモデル速報
スズキ ジムニー|ニューモデル速報スズキ コンセプトXAα|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2014年
●全長x全幅x全高:3395×1475×1650(mm)
●搭載エンジン:660cc 直3
イメージは一新されるが、伝統のラダーフレームは継承

フルモデルチェンジされるといわれながらも、1998年の発表以来、14年間に渡り販売が継続している3代目ジムニー(写真右上)。2012年5月には一部改良が行われたことも記憶に新しい。

2012年5月の一部改良は、衝突時の歩行者頭部への衝撃を緩和するためフロントフードの高さや構造を変更するなど、大規模なものであった。今回の改良で少なくとも、あと2年は現行モデルが継続販売されると思われる。

しかし、水面下では4代目の開発が着々と進んでいるという。昨今、スクープに関してのハードルが高くなったスズキのこと。多くの関係者にあたったものの、信頼できる情報としては、次期モデルもラダーフレームは継承されるということだけで、はっきりとしたデビュー時期はわからない。

「次期ジムニーなのでは?」という声が各方面からあがった2012年1月のインド・ニューデリーオートエクスポに出展されたコンセプトカー「コンセプトXAα」(写真右下)。サイズやコンセプトを考えると新興国向けのスイフトベースのSUVだと思われるものの、次期ジムニーのデザインテーマに相通じるものがあるとの声もある。

ただし、コンセプトXAαは鈍重に見えるし、なによりジムニーがもつ軽快感を感じることができないため、あのまま出ることはないだろう。あくまでもエッセンスが盛り込まれる程度だと思われる。伝統の縦線グリルや無骨さを残しつつ、エクステリアデザインは大きく刷新されるという情報だけが入っている。次期型の発表は早くても2014年以降になるはずだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027