新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ワゴンR【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スズキ ワゴンR【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/09/07)

軽ワゴンのパイオニアがフルモデルチェンジ
同セグメントでNo.1の低燃費を実現

スズキ ワゴンR|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のフィズブルーパールメタリックを含む全9色
コンセプト
最新の低燃費技術と軽量化により
クラスNo.1の燃費性能を達成
1993年の初代登場以来、軽ワゴンのパイオニアとして市場をけん引してきたワゴンRが4年ぶりに5代目へとフルモデルチェンジを果たした。新型は、高い衝突安全性を確保しながらも従来型比最大で-70kgの軽量化を達成した。アルトECOなどで定評あるスズキの新世代エンジンR06A型ユニットと、低粘度オイルでフリクション低減が施されたCVTなどにより、ハイト系軽ワゴンでNo.1の低燃費JC08モード:28.8km/Lを実現(NAエンジン・FF車)。ターボ車も含めて2WD/4WD車ともに全車エコカー減税の免税対象車となる。

軽自動車では初となる3つの先進的な低燃費技術が採用された。ひとつはエネルギー回生システム、ENE-CHARGE(エネチャージ)。減速時のエネルギーを性能に優れるリチウムイオンバッテリーに充電。蓄えられた電気を使うことで、アクセルオン時の発電に使用する燃料を低減する。ふたつ目は新アイドリングストップで、従来型アイドリングストップをさらに進化させた。停車前の減速時に時速13km以下になるとエンジンを自動停止することで、さらなる低燃費化に貢献する。最後はECO-COOL(エコクール)。蓄冷剤を使用することでエンジン停止中でも室温を快適に保ち、アイドリングストップ時間を延長する。
内外装
ワゴンR伝統のデザイン
パッケージングはさらに進化
エクステリアは、角を強調した直線的で四角いボディー、前傾ルーフ、キャビンとボディーの一体感などワゴンRらしいデザイン。ノーマルのワゴンRは伝統の縦型ヘッドランプを継承する。スポーティなスティングレーは、丸目4灯など躍動的で力強い造形が与えられた。

インテリアは、インパネからドアトリムへの連続性をもたせることで広さや安心感を表現。メーターパネルには、シルバーリングと立体目盛りを組み合わせた常時発光式3眼メーターを採用。専用デザインのオーディオおよびスタイリッシュなステアリングなど、高い質感を追求している。

2425mmというロングホイールベースの新プラットフォームを採用することで広々とした室内空間を実現。多彩なシートアレンジ、初代モデルから採用される助手席シートアンダーボックスなどの豊富な収納スペース、評判の良い装備や機能は新型でも踏襲された。
バリエーション
シンプルなノーマルモデルと
スタイリッシュなスティングレー
歴代モデル同様にノーマルのワゴンRとスタイリッシュなスティングレーが用意される。ノーマルモデルは丸みを強めたフロントフェイスと硬質なフロントメッキグリルが特徴。スティングレーはスケルトングリルとヘッドランプを一体化させることで力強い印象となる。

エンジンは、ノーマルのワゴンRは660ccのNA、スティングレーにはNAに加えてターボエンジンも用意される。組み合わされるミッションは全車CVT。全グレードとも2WDと4WDを選択できる。

価格は、エントリーモデルであるNAエンジン/FFのワゴンR「FX」で110万9850円から、ターボエンジン/4WDのワゴンR スティングレー「T」で161万3850円までとなっている。
POINT
1歴代モデルの伝統は
さらに進化(写真はスティングレー)
スズキ ワゴンR リアスタイル|ニューモデル速報
2広さや開放感が表現された
一体感のあるインパネ
スズキ ワゴンR インパネ|ニューモデル速報
3ロングホイールベースによる
パッケージングは秀逸
スズキ ワゴンR シート|ニューモデル速報
4スティングレーのフロントマスク
スタイリッシュな印象
スズキ ワゴンRスティングレー|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードワゴンR FXワゴンR FXリミテッドワゴンRスティングレー XワゴンRスティングレー T
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16403395×1475×1660
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)780840800870
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)28.827.828.825.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)110.985136.71133.35161.385
■発表日:平成24年9月6日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027