新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン アップ!【新型車】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン アップ!【新型車】 / navi

(2012/09/24)

フォルクスワーゲンのエントリーモデル
高い安全装備を標準で採用

フォルクスワーゲン アップ!|ニューモデル速報
↑バリエーションは2ドアと4ドアの2種類
コンセプト
昨今のダウンサイジングトレンドに適合
クラス水準を大きく超えたクオリティ
フォルクスワーゲンのラインナップで最もコンパクトなサイズとなる新しいスモールカー「up!(アップ!)」が日本市場に登場した。従来までのエントリーモデルであったポロと比べて、全長で450mm、全幅で35mmも小さいサイズ(全長3545mm×全幅1650mm)ながら、タイヤをボディの四隅に配置し、エンジンのレイアウトを工夫するなど、広々とした居住空間を確保。大人4人と小旅行の荷物を搭載するラゲージスペースが実現された。なお、販売は10月1日からとなる。

最も小さなフォルクスワーゲンながらも、クラス水準を大きく超えた高い安全性と品質、優れた静粛性を実現したという。メーカーでは、時代が求めるダウンサイジングトレンドにマッチした新しいスモールカーとうたっている。
内外装
シンプルで質感の高いデザイン
クラスを超えた安全性
エクステリアは、フォルクスワーゲンファミリーの特徴である水平基調のラインによって結び付けられたヘッドライトと、その中央に配置された大きなエンブレムに目をひかれる。ほほ笑むようにデザインされたバンパーは、親しみやすさを感じさせる個性的な表情を演出。リアは、スマートフォンを彷彿とさせる大きなダークガラスパネルを備えたリアハッチが採用された。

インテリアは、直線基調のクリーンでシンプルなデザインを採用。軽自動車規格に比べても+65mmという全長ながら、2420mmというホイールベースにより外観のイメージからは想像できない広い室内スペースを用意。さらに、通常時で251L、後席折り畳み時で951Lとポロ(280L/952L) に匹敵するラゲージスペースが確保された。荷室のフロア高を2段階に調整できる「バリアブルカーゴフロア」が採用され、容量と用途に対応した使い勝手の良さが実現されている。

ボディ全体の実に 67%に超高張力鋼板あるいは高張力鋼板を採用したことで、欧州のEuro NCAP衝突安全テストにおいて最高となる5つ星を獲得。さらに、ESP(横滑り防止装置)や、フロントサイドエアバッグ(頭部保護機能付き)に加え、シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)をこのクラスの車としては初めて全車に標準装備するなど、高い安全性能も与えられる。
バリエーション
2ドアと4ドアの2ボディを用意
エンジンは高い環境性能を実現
ラインナップは2ドアモデルと4ドアモデルの2ボディ体系で、それぞれに異なるウインドウラインをもたせることで個性が表現されている。エンジンは、最高出力:75ps/最大トルク:95N・mを発生する新開発の1L直列3気筒DOHCで、重量わずか30kg以下という2ペダル式5速MT(ASG)との組み合わせによりJC08モードで23.1km/Lという高い燃費性能を実現している。

2ドアは、エントリーモデルとなる「move up!(ムーブアップ!)」のみの設定で、4ドアには「move up!」に加え上級グレードの「high up!(ハイアップ!)」も用意される。

価格は、2ドアの「ムーブアップ!」が149万円。4ドアの「ムーブアップ!」が168万円、「ハイアップ!」は183万円となっている。
POINT
1軽自動車+αの全長
シンプルながらも質感は高い
フォルクスワーゲン アップ! リアスタイル|ニューモデル速報
2シンプルかつクリーン
上級モデルはボディ同色パネルを用意
フォルクスワーゲン アップ! インパネ|ニューモデル速報
3ロングホイールベースにより
広大な居住空間を確保
フォルクスワーゲン アップ! シート|ニューモデル速報
4新開発の1L直3エンジンは
高い環境性能と燃費性能を実現
フォルクスワーゲン アップ! エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードムーブアップ!(2ドア)ムーブアップ!(4ドア)ハイアップ!
駆動方式FF
トランスミッション5AT
全長×全幅×全高(mm)3545×1650×1495
ホイールベース(mm)2420
車両重量(kg)900920
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)999
最高出力[kW(ps)rpm]55(75)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]95(9.7)/3000-4300
JC08モード燃費(km/L)23.1
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/35
車両本体価格(万円)149.0168.0183.0
■発表日:平成24年9月18日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
3
up
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
5
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
6
down
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
8
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
9
down
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
10
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027