新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ラティオ【新型車】 / navi

クルマニュース

日産 ラティオ【新型車】 / navi

(2012/10/05)

環境と性能に配慮した
正統派5ナンバーセダン

日産 ラティオ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のタイタニウムグレーを含む全6色
コンセプト
セダンに求められる要件を
きちんと抑えたコンパクトセダン
日本市場で扱いやすい5ナンバーサイズのコンパクトセダン、ラティオがデビューした。「セダンらしいセダンにしよう」という思いで企画されたという。具体的には「正統派セダンとしての上質感のあるスタイル」「広くて快適な室内」「リーズナブルな価格設定」というセダンに求められる条件をきちんと押さえている。タイで生産される世界戦略車という位置づけだ。

ベースにはマーチでも採用されるVプラットフォームが用いられた。このプラットフォーム、日本のような厳しい性能が要求される成熟市場はもちろん、低価格の車を欲する新興国にも展開する世界戦略車のために開発されたもの。後席の居住性や運転時の視界の良さ、取り回しのしやすさなど、地味な部分を磨き上げることで使いやすさが追求された。
内外装
エクステリアは「力強さ」「流麗さ」「上級感」を意識
室内のキーワードは「品質感」「広々」「魅惑的」
エクステリアは、アスリートの筋肉のように研ぎ澄まされた彫刻的なボディ断面による力強さや、流れるようなシルエットを両立させたサイドビューなど流麗さが際立つ。力強く前を見据えるスポーティな表情のフロントスタイルによる上級感も特徴だ。クラスを超えた車格感のある堂々としたスタイルを実現したとメーカーではうたっている。

インテリアは、機能的に並んだパーツ類やシルバー加飾で品質感を向上。単に数字上広いだけでなく、広く感じてリラックスできる室内が目指された。座ったときに見える範囲や部品の丸さ具合など「どこをどうすれば人は広く感じるか?」ということを研究した結果だという。上級車にはファインビジョンメーター(自発光式メーター)を装備することで艶やかさも演出されている。

ユーティリティ性能も重視され、ラゲージはコンパクトセダンクラスでトップとなる490Lの容量が与えられ、室内には多彩な収納ポケットも用意されている。
バリエーション
全車にアイドリングストップを採用
燃費性能はクラストップの22.6km/L
パワートレインはマーチで定評のある1.2L直3DOHCエンジンと副変速機付きエクストロニックCVTの組み合わせ。車両の軽量化や空力性能が煮詰められたこと、全グレードにアイドリングストップが標準装備されたことで、JC08モード:22.6km/Lというクラストップの燃費性能を実現した。

モデルバリエーションは、法人向けのBを含む装備の違いによる4モデルが用意される。価格は、法人向けのBが138万8100円。一般モデルは、エントリーグレード「S」の141万9600円から最上級グレード「G」の169万8900円まで。
POINT
1力強さと流麗さ
上質感を表現
日産 ラティオ リアスタイル|ニューモデル速報
2運転時の視界は良好
シルバー加飾などが上質さを演出
日産 ラティオ インパネ|ニューモデル速報
3室内スペースはクラストップ
リラックスできる広さを追求
日産 ラティオ シート|ニューモデル速報
4アイドリングストップを採用し
22.6km/Lの低燃費を達成
日産 ラティオ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード   S      X      G   
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4425×1695×1495
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)10301040
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1198
最高出力[kW(ps)rpm]58(79)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]106(10.8)/4400
JC08モード燃費(km/L)22.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/41
車両本体価格(万円)141.96147.0169.89
■発表日:平成24年10月5日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027