新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク 【新型車】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク 【新型車】 / navi

(2012/10/22)

クーペの美しさと高い利便性を融合した、スポーツクーペツアラー

  • メルセデスベンツ CLSシューティングブレーク|ニューモデル速報
  • メルセデスベンツ CLSシューティングブレーク リアスタイル|ニューモデル速報
↑4ドアクーペであるCLSの魅力はそのままに、ハッチゲートを追加し高い利便性を獲得
低いルーフによるクーペを彷彿とさせるスタイルと、セダンの快適性と実用性を融合させたメルセデス・ベンツのCLSクラスをベースに、5人の乗員がくつろげるスペースと大容量のラゲージルームを備える“スポーツクーペツアラー”という新しいコンセプトを実現させたCLSシューティングブレークがデビューした。

シューティングブレークは、1960年代のイギリス貴族が、猟銃と猟犬、仕留めた獲物を乗せることを目的に、道具を収納する広いラゲージスペースを備えた車両を用意させたことに端を発する。CLSシューティングブレークはこのコンセプトを踏襲しながらも、美しいスタイリングと多様なライフスタイルに対応する高い利便性を兼ね備えている。

エクステリアは、テールゲートの傾斜と一体化したエレガントなルーフライン、ボディ側面の力強いラインを組み合わせたサイドビュー、合計71個のLEDを用いた「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」によるアグレッシブなフロントデザインにより流麗なプロポーションを実現。新たに追加された流線形のテールゲートには、ナンバープレート上部を左右に覆うクロームのガーニッシュ(装飾パーツ)が配され、ワイド感が強調されている。

インテリアにおけるノーマルのCLSとの最大の違いは、3人分の独立したリアシートが備わるところ。また、後方まで延びたルーフラインによるリアサイドウインドウの面積拡大により、ヘッドスペースもさらに余裕がもたらされた。ラゲージルームは最大積載量1550Lを確保することで、上質感あふれる室内空間でありながら高い利便性と機能性を両立している。

個性を際立たせる装備として、オプションで「designoウッドフロア(EASY-PACKフィックスキット付)」が設定された。高級ウッド素材を採用し、ひとつひとつを熟練した職人が手作業で組み立てることによって精緻なラゲージルームが実現される。さらに、ワイヤレスヘッドホンを使用して後席左右それぞれで映像や音楽を楽しむことのできる「リアエンターテインメントシステム」や、室内空間に合わせたクリアで正確な音質を提供するバング&オルフセン BeoSound AMGサウンドシステムなど、プレミアムな装備がオプションで用意された。

「CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレーク」には、CLSクラスでは初となるフルタイム4WDシステム「4MATIC」が採用された。滑りやすい路面や危険回避時に走行安定性を高める4ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)と組み合わせることで、様々な路面状況でも優れた動力性能と高い安全性が確保されている。

安全面では、上記の他にミリ波レーダーセンサーやマルチファンクションカメラで前方や側方の障害物を検知し、ドライバーへの警告やブレーキ介入を行う安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が全モデルに採用される。

エンジンは、高出力と燃費性能を両立する最新世代の3.5L直噴V6ユニットと、従来の5.5L V8エンジンに替わるダウンサイジングユニットの4.7L直噴V8ツインターボの2種類。トランスミッションはいずれも7速ATとの組み合わせ。AMG仕様には、最高出力:524ps/最大トルク:700N・mを発生する5.5LのV8直噴ツインターボと、独自のスポーツミッションであるAMGスピードシフトMCTが組み合わされる。

価格は、3.5Lエンジンを搭載するエントリーグレード「CLS 350 BlueEFFICIENCYシューティングブレーク」が970万円。4WDシステムを採用する4.7Lエンジン搭載モデル「CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCYシューティングブレーク」は1240万円。ハイパフォーマンスモデルの「CLS 63 AMG シューティングブレーク」は1680万円となる。
グレードCLS 350 BlueEFFICIENCYシューティングブレークCLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCYシューティングブレークCLS 63 AMG シューティングブレーク
駆動方式FR4WDFR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4960×1880×14204970×1880×14205000×1880×1415
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)183020301980
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHCV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)349746635461
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6500300(408)/5000-5750386(524)/5250-5750
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]370(37.7)/3500-5250600(61.2)/1600-4750700(71.3)/1750-4500
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/80
車両本体価格(万円)970.01240.01680.0
■発表日:平成24年10月12日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027