新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N-ONE【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ N-ONE【新型車】 / navi

(2012/11/01)

軽用革新プラットフォーム採用車、第3弾
日本の新しいベーシックカー像を追求

ホンダ N ONE|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のイノセントブルーメタリックを含む全11色。2トーンカラーも用意される
コンセプト
コンセプトは「One's MINI TOURER」
ロングドライブも視野に入れた軽自動車
「NEW NEXT NIPPON NORIMONO」を旗印に、センタータンクレイアウトとミニマムエンジンルームによる独創的なプラットフォームを採用したN BOXが販売されたのは2011年12月。その後、2012年7月には第2弾、N BOX+が投入。第3弾として登場したモデルが、このN-ONEだ。

N BOXならびにN BOX+が広さと積載性をアピールしたのに対し、N-ONEは「日本の新しいベーシックカーを創造すること」を目標に開発された。大人4人がくつろげる室内空間を確保しながら車の基本性能を磨き上げることで、ロングドライブでもスモールカーと同等以上のパフォーマンスを発揮する車を目指したという。コンセプトは「One's MINI TOURER(ワンズ・ミニ・ツアラー)」。先述の室内空間、パフォーマンスはもちろん、親しみやすいデザイン、高い質感を追求することでユーザー1人ひとりにとってベストなマイカーとなることが目指された。
内外装
名車、N360の血統を継承したエクステリア
シンプルに磨き上げられた居心地の良い室内
エクステリアは、1967年にマイカーブームの火付け役となった名車N360を彷彿とさせる、身近で愛着をもって長く使えるデザインのフロントフェイス。サイドビューは、タイアが四隅でしっかりと踏ん張る台形フォルムが与えられた。リアコンビランプはLEDを採用することで、優れた視認性を実現しながら個性と先進性が強調されている。

インテリアでは、長く使っても飽きない居心地の良い空間が目指された。シンプルな構成ながらも細部の処理や素材感に気を配ったという。2トーンカラーのインパネはセンターの張り出しをなくした横一文字の造形で、奥行きを与えることで爽快感を演出。メーターパネルには常時点灯式の3眼メーターを採用し、上質さが演出された。

フロントシートは、体を包み込むような安心感の高い形状の大型ベンチシートを採用。硬さの異なるウレタン層を組み合わせることで、すわり心地と触り心地の両立を図った。ユーティリティでは、薄型ボックスティッシュを収納できるグローブボックスをはじめ、CDなら8枚、DVD(トールケース)なら6枚が収納可能なセンターロアボックスや、インパネトレイ、インパネアンダーボックスなどが全車に標準装備される。

なお、6.1インチワイドディスプレイを用いたディスプレイオーディオもオプションで用意された。スマートフォンのホンダ純正アプリ「インターナビポケット」と連携し、スマートフォンと接続することで、車載ナビのようにオーディオ画面に地図が表示できる。また、Bluetooth接続にも対応し、ハンズフリー通話やワイヤレス音楽再生も可能。さらに、駐車時に便利なリアワイドカメラ(3ビュー切り替え式)の画像も表示される。
バリエーション
エンジンは660ccターボとNAの2種類
走りと優れた燃費を両立
エンジンは、Nシリーズに共通の新世代ユニットをさらに洗練。660ccターボは低回転域の優れたトルク特性と中回転域から発生する高い出力で、1.3Lクラスを上回る走りを実現したという。NAエンジンは走行性能を損なうことなく、アイドリングストップなどを採用することで、JC08モード:27.0km/L(Gグレード・FF)という優れた燃費を実現。組み合わされるトランスミッションは、全モデルとも専用のファイナルギアを採用するなどN-ONEに最適化されたCVTだ。駆動方式は全車、2WDと4WDから選択が可能。

モデルバリエーションは、NAエンジンを採用するベーシックモデルの「G」と、ターボエンジンの「ツアラー」、フォグランプの標準採用やクロームパーツが随所に配される上級仕様の「プレミアム(NA車)」、「プレミアムツアラー(ターボ車)」というラインナップとなる。

価格は、ベーシックモデルであるFFの「G」の115万円から、上級グレードで4WD、ターボエンジンを採用する「プレミアムツアラー Lパッケージ 2トーンカラースタイル」の170万7750円までとなっている。
POINT
1名車N360のイメージを踏襲
長く愛着を持って使えるデザイン
ホンダ N ONE リアスタイル|ニューモデル速報
2常時点灯式の3眼メーター
2トーンのインパネなど上質感を追求
ホンダ N ONE インパネ|ニューモデル速報
3クラス最大級の
フロントベンチシート
ホンダ N ONE シート|ニューモデル速報
41.3L並の走行性能というターボ(左)
燃費に優れるNAユニット(右)
ホンダ N ONE エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGツアラープレミアムプレミアムツアラーLパッケージ2トーンカラースタイル
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16103395×1475×1630
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)840850900920
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/600043(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/260065(6.6)/3500104(10.6)/2600
JC08モード燃費(km/L)27.023.225.020.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35レギュラー/30
車両本体価格(万円)115.0123.0148.0170.775
■発表日:平成24年11月1日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027